teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 不平衡から平衡へ お尋ねキャンセルのお願い

 投稿者:VT  投稿日:2021年 5月 1日(土)09時35分22秒 fp7cdbc4f7.tkyc515.ap.nuro.jp
返信・引用
  flipper-flopperさん、こんにちは。

こちらの掲示板ですが、一番下までスクロースしてゆくと、そこに「自分の投稿の編集・削除」というボタンがあり、こちらでご自身が投稿された情報を編集したり、削除したりすることが可能ですので、試してみては如何でしょうか。

また、Windowsの場合、ペイントなどの透明色を扱うことができないソフトで一度ファイルを開いて上書きすると、透明色の情報が失われて問題なく表示できるようになる場合がありますので、試してみては如何でしょうか。
 
 

Re: 不平衡から平衡へ お尋ねキャンセルのお願い

 投稿者:kimuxメール  投稿日:2021年 5月 1日(土)09時16分1秒 113x40x99x225.ap113.ftth.ucom.ne.jp
返信・引用
  > No.22802[元記事へ]

画像ファイルのアップロード自体はできているようですが、
png形式の画像ファイルの背景色が、トランスペアレント(透明)から黒に、
どの時点かわかりませんがすり替わってしまったのではないでしょうか。

JPEG形式とかにできませんかね?
 

不平衡から平衡へ

 投稿者:flipper-flopperメール  投稿日:2021年 4月30日(金)18時13分26秒 p148.net120137184.tokai.or.jp
返信・引用
  以前、ペるけさんの“全段差動プッシュプル・アンプの庭“を拝読させていただき製作したEL34PPアンプを活用しています。
最近、その入力回路がせっかく差動回路なのだから、バランス入力化の改造をしたいと思い立ちました。
添付図は上段が現行の不平衡入力回路方式、下段が変更したいバランス方式化回路です。
たいへん恐縮ですが、注意点、改善点のアドバイスをいただければ助かります。

考え方は、出力トランス(タンゴXE-60-5K)の2次CF巻線から取っているNF信号のプラス、マイナス信号を初段差動回路(12AU7)のそれぞれのグリッドに戻してやる。NF抵抗定数はとりあえず現在と同じ(6.8KΩ/180Ω)とし、必要に応じて聴感で調整をしたいと考えます。
恥ずかしながら工学系ではなく、測定器も直流電圧測定程度しか保有していないので、無謀とは知りながら、勘・コツ・度胸でのチャレンジです。

Q1. NF信号を初段管グリッドに戻す方式(現状と同じ)と、カソードに戻す方式のいずれが簡便で安定動作が期待でいますか?
Q2. NF信号をグリッド戻す場合、現在のアンプのNF量(6.8K/180Ωの分圧比)をそのままに、ペるけさんの“平衡型EL34全段差動プッシュプル・モニター・アンプ”のFET初段入力ゲート回路周辺の抵抗定数そのまま(100KΩ、56KΩ)にグリッドに結ぶとすると、結果、NF量やトータルゲインなどに不整合が生じて、定数計算をやり直す必要となりそうでしょうか?

どうぞよろしくご教示ください。
感謝です。
 

Re: Tr式2段差動ヘッドホンアンプ基板完成

 投稿者:rit  投稿日:2021年 4月29日(木)11時53分31秒 FL1-220-102-19-44.tky.mesh.ad.jp
返信・引用
  > No.22795[元記事へ]

> この状態で高さが28mmほどありますのでタカチのHENシリーズだと1104xxにしないと収まりませんね。
1000uFのコンデンサを並列で組み込めると良いなと思うのですが,なかなか良いパターンが浮かびません...
 

(無題)

 投稿者:静岡A倍メール  投稿日:2021年 4月28日(水)17時16分9秒 219.127.191.97
返信・引用
  たや様
早々に判り易いアドバイスを頂戴いただき、誠にありがとうございます。
Ver.1を組み上げて今現在も大切に使用させていただいております。先日Ver.2の作例記事を見て挑戦してみたいと思い立ったものの、部品入手検討に入った段階で悩んでおりました。アドバイスを基に平ラグパターンへの実装を工夫して挑戦したいと思います。
 

Re: 6N6P全段差動PPVer.2定電流回路

 投稿者:たやメール  投稿日:2021年 4月28日(水)15時31分2秒 58-190-149-231f1.kyt1.eonet.ne.jp
返信・引用 編集済
  > ペルケさんが選別頒布されている残りの部品を有効に活用させていただき標題のアンプ製作を検討しています。作例記事では2SK30A/2SK246のIdssは3.9mA~4.2mAを推奨されています。ペルケさんの頒布リストでは3.66mAがまだ少し残っている様ですが、この部品を代替部品の解決策の記載を参考にドレイン抵抗を調整して元の32V電源を適用して使用することは問題が有るでしょうか?どなたかアドバイスいただけますと幸いです。

 質問どおりの答えにするには、実際に実験してみないと、ハッキリしたことは言えませんので、ぺるけさんの頒布リストから複数の値の2SK30A/2SK246を並列使用されることをおすすめします。以下を参考にしてください。

1案.1.8mA + 2.12mA =3.92mA
2案.1.72mA + 2.21mA = 3.93mA

 指定とは若干ことなりますが、球のばらつきが大きく気にしなくてよいとおもいます。

(どうしても気になる場合の参考)
 1.案でドレイン負荷抵抗が8.2kΩの場合、8.2kΩ×3.92mA/2≒16.07VですからV+31.7Vの場合、31.7V-16.07V=15.6Vとなり、少し6N6Pの指定グリッド電圧16Vに対して不足になります。
 8.2kΩと並列に330kΩを接続すると、ドレイン負荷抵抗が8kΩとなり8kΩ×3.92mA/2=15.68Vですから、31.7V-15.68V=16.02Vとなり、指定どおりのグリッド電圧になります。


 

6N6P全段差動PPVer.2定電流回路

 投稿者:静岡A倍メール  投稿日:2021年 4月28日(水)13時44分15秒 219.127.191.97
返信・引用
  ペルケさんが選別頒布されている残りの部品を有効に活用させていただき標題のアンプ製作を検討しています。作例記事では2SK30A/2SK246のIdssは3.9mA~4.2mAを推奨されています。ペルケさんの頒布リストでは3.66mAがまだ少し残っている様ですが、この部品を代替部品の解決策の記載を参考にドレイン抵抗を調整して元の32V電源を適用して使用することは問題が有るでしょうか?どなたかアドバイスいただけますと幸いです。  

Tr式2段差動ヘッドホンアンプ基板完成

 投稿者:Y@札幌  投稿日:2021年 4月26日(月)21時57分55秒 KD106163243219.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  続理解しながら作るヘッドホン・アンプに掲載のTr式2段差動ヘッドホンアンプの基板が完成しました。
良い音で鳴ってくれました。ここにも間違いなくぺるけさんの音があります。ぺるけさん、ありがとうございます。
この後ケースを発注してLPFと共に実装する予定です。この状態で高さが28mmほどありますのでタカチのHENシリーズだと1104xxにしないと収まりませんね。
 

phonoイコライザアンプ12Aversion2

 投稿者:iwk  投稿日:2021年 4月26日(月)19時50分8秒 p180092-ipngn200303yamaguchi.yamaguchi.ocn.ne.jp
返信・引用
  たやさん

教えて頂きありがとうございました。

4ヶ所の入出力端子はブッシュが付いているものと思っていました。よく見ましたらブッシュはないですね。
全く気が付きませんでした。

教えて頂いたようにシャーシ部分の塗装を剥がして取り付けます。
本当にどうもありがとうございました。

これで、全体が理解でき、すっきりたように思います。

今後も困ったときは教えて下さい。よろしくお願い致します。
 

Re: phonoイコライザアンプ12Aversion2

 投稿者:たやメール  投稿日:2021年 4月26日(月)15時18分42秒 58-190-149-231f1.kyt1.eonet.ne.jp
返信・引用 編集済
  > No.22792[元記事へ]

> phonoイコライザアンプ12AX7version2のアース母線(自体)はどこでシャーシとのアースを取ればよいかわかりません、どなたか教えてください。

 添付の図のように入出力端子が直接、シャーシにアースされています。

 入出力端子をナット締めする前に、ナット締めするシャーシ部分の塗装を紙やすりなどで削り、シャーシのアルミ部分が直接、締め付けできるようにしたほうがよいと思います。
 

phonoイコライザアンプ12Aversion2

 投稿者:iwk  投稿日:2021年 4月26日(月)14時42分43秒 p180092-ipngn200303yamaguchi.yamaguchi.ocn.ne.jp
返信・引用
  phonoイコライザアンプ12AX7version2のアース母線(自体)はどこでシャーシとのアースを取ればよいかわかりません、どなたか教えてください。  

KGの桜

 投稿者:Pauckメール  投稿日:2021年 4月23日(金)15時36分50秒 112-70-79-198f1.hyg2.eonet.ne.jp
返信・引用
  KGのファイスブックにアップされていました。  

桜、咲き始めました

 投稿者:Y@札幌  投稿日:2021年 4月23日(金)14時07分27秒 i220-220-254-49.s30.a048.ap.plala.or.jp
返信・引用
  こちらは桜がやっと咲き始めました。
ビルのガーデンに植えられているチシマザクラです。
北海道はこれからです。
 

USB/DAC

 投稿者:ヨシザワ  投稿日:2021年 4月20日(火)10時39分39秒 softbank060143095084.bbtec.net
返信・引用 編集済
  今更のUSB/DACですが、友人が「僕も欲しい・・・」
といった訳で作る。
秋月の基盤は一枚余っていたので問題はなかったの
ですが、トランスの手持ちがない。
どうかなーと思いながらオークションを覗いてみると、
一時ほどではなく結構出品されていてなんとかなりま
した。
最初はフィルターをCRタイプで走っていましたが、やはりコイルで
ということで山水のST-31の一次側(白・緑)の巻き線を使って。
最近のST-31はどうか分かりませんが、オリジナルのものは28mH内外と
使いやすい値でした。

出来上がったものは現在、友人と奥さんで奪い合っているとの嬉しい
便りが。

ぺルケさんありがとう。

(写真のテスト中のものはフィルターが未だCRタイプで、ALL OF BACH再生中)

http://enigma6146.exblog.jp

 

Re: 夙川公園

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2021年 4月19日(月)21時04分3秒 KD106154005043.au-net.ne.jp
返信・引用
  > No.22786[元記事へ]

> まだ桜が残っていましたので行き掛けにパチリと

ありがとうございます。
懐かしい、涙が出ます。



 

(無題)

 投稿者:ほほまる  投稿日:2021年 4月15日(木)17時56分22秒 dw49-106-188-86.m-zone.jp
返信・引用
  こんにちは  

夙川公園

 投稿者:諏訪崎 龍  投稿日:2021年 4月 3日(土)14時39分33秒 229.125.148.210.rev.vmobile.jp
返信・引用
  まだ桜が残っていましたので行き掛けにパチリと  

お久しぶりです。

 投稿者:なすび@河村メール  投稿日:2021年 4月 1日(木)22時39分54秒 KD124209187228.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  ヘッドフォンアンプを十数年ぶりに作ろうと思い。色々調べていたら、
やっぱりたどり着いたのは情熱の真空管でした。
もう一度初心に返って熟読させてもらっています。
対抗してオリジナル回路をと思って何十枚も回路図を書いたのですが全部没になってます。
定数の選び方、何でこの回路を選んだのかと気づくたびに自分のセンスのなさに辟易としてしまいます。
私のアンプ設計&製作マニュアルは自分にとってのバイブルです。

昔お世話になったのに、仕事にかまけて不義理をかいてしまいました。
高知から東京に出てきていたのですが・・・・

感謝の気持ちを伝えたくて投稿させていただきました。
返信は不要です。
どうかご自愛のほどを
 

Re: ライントランスのCTについて

 投稿者:T.O  投稿日:2021年 3月30日(火)18時12分59秒 121-87-22-232f1.nar1.eonet.ne.jp
返信・引用
  > No.22782[元記事へ]

> あらゆる機器との接続に対応できるためには、一次側のCTはアースできません。
> インピーダンス・バランス出力の業務機器は多いです。
> 二次側は、アンプの回路方式で決まります。

ありがとうございます。
ソースがトランスバランスでGNDがアースから浮いているケースにおいては、1次側CTのGND接続が外来ノイズ面(信号の対アースインピーダンス)では有利なものの、平衡度が十分であれば有意な差はなく、
インピーダンスバランスのソースや、GNDがアースから浮かない電子バランスのソース、ファンタム電源などを考慮すると、そのわずかなメリットよりデメリットが上回るため、機器設計上1次側CTをGND接続する意味はない。2次側は受け回路によるが、こちらも多様な機器の接続を考えると、結局、1次側、2次側ともCTはNCに落ち着く。
と理解しました。
 

ここに説明があります

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2021年 3月30日(火)16時42分1秒 KD106154005043.au-net.ne.jp
返信・引用
  http://www.op316.com/tubes/balanced/bal2.htm

 

レンタル掲示板
/629