teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 超三極管アンプ

 投稿者:ゆうき  投稿日:2021年 5月11日(火)10時30分45秒 eAc1Abf230.osk.mesh.ad.jp
返信・引用 編集済
  > No.22825[元記事へ]

没にしたと言いながらも修正回路(秘)を載せておきます。
超三極管アンプと名乗りながらも上條信一先生の設計思想に反するものとなりました。
(初段が定電流動作をしていない100%三極管負帰還となっていない)
超三極管アンプの信奉者ではありませんが、超三極管アンプを名乗る異端アンプとなってしまいました。
超三極管アンプの信奉者の弾圧を恐れ回路を封印します。w
 
 

Re:超三極管アンプ

 投稿者:CHAEN  投稿日:2021年 5月10日(月)19時44分4秒 49.253.9.102.eo.eaccess.ne.jp
返信・引用
  あらら、没ですか・・・・残念。
モノラルアンプなら面白い回路だと思ったんですけど・・・・。
 

Re: 超三極管アンプ

 投稿者:ゆうき  投稿日:2021年 5月 9日(日)20時55分21秒 eAc1Abf086.osk.mesh.ad.jp
返信・引用
  > No.22823[元記事へ]

かつさんコメントありがとうございます。
L-chがどうしても動かない。
欠陥が見つかりました、この回路は没にします。
お騒がせしました。申し訳ございません。(´;ω;`)ウゥゥ
 

Re: 超三極管アンプ

 投稿者:かつ  投稿日:2021年 5月 9日(日)16時13分58秒 220.net059084130.t-com.ne.jp
返信・引用
  > No.22822[元記事へ]

> まだR-chだけですが、特性です。
> DFと増幅率が低いですね、
> 原因として初段の出力が定電流出力になっていないからでしょう。
それですね。
というか、20kΩの抵抗値が低すぎて、100% PG帰還になっていないから、終段を 5結にした
時の帰還率よりも、終段を三結にした時の方が帰還量が大きい、ということなんでしょうね。
だから、これを定電流源に変えれば、また違う値になりそうですね。
 

Re: 超三極管アンプ

 投稿者:ゆうき  投稿日:2021年 5月 9日(日)13時07分56秒 eAc1Afp006.osk.mesh.ad.jp
返信・引用
  > No.22819[元記事へ]

> 回路図と特性を取ってみます。

まだR-chだけですが、特性です。
DFと増幅率が低いですね、
原因として初段の出力が定電流出力になっていないからでしょう。
超三極管アンプの原理から外れているかも知れません、
まぁー自分の好みに合わせ色々やってみます。
 

2SK2881

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2021年 5月 9日(日)10時31分44秒 KD106154005043.au-net.ne.jp
返信・引用
  ritさん、ありがとう。
早速使わせていただきます。
 

JFETの簡易選別の妥当性

 投稿者:rit  投稿日:2021年 5月 8日(土)14時34分42秒 FL1-220-102-19-44.tky.mesh.ad.jp
返信・引用
  部品入手のお助けページで,JFETの簡易選別が紹介されています.
“JFETはIdssが揃っているとバイアス特性も似てくる”とのことですが,
IdssとBias(@2.0mA)の相関を確認してみました.

対象型式: 2SK2881-T112-D
台数:60 (秋月で入手.購入時期はバラバラ)

結果をみると簡易選別が非常に有効であることがわかります.
それなりに相関が見えれば良いなと思って測定をはじめましたが,
まさかここまできれいな直線にのるとは思いませんでした.

このデータがどなたかの役にたてば幸いです.
 

Re: 超三極管アンプ

 投稿者:ゆうき  投稿日:2021年 5月 8日(土)11時59分5秒 eAc1Abf219.osk.mesh.ad.jp
返信・引用
  > No.22817[元記事へ]

> > R-chを組み立ててみました、回路は動作するみたいです DF3  増幅率2.3  出力1.5W
> 一度、出力管の SG を電源につないで五結として、特性を取ってみて下さい。
> DF、出力共に上昇するはずです。
>
> 増幅率は VR で調整可能でしょうけど、終段が三結だと初段の電流増幅率を高くしても限界が
> 低いかもですね。
>
> > 完成したら結果を報告します。
> 結果をお待ちしていますw

回路図と特性を取ってみます。
 

Re: 超三極管アンプ

 投稿者:ゆうき  投稿日:2021年 5月 8日(土)11時45分58秒 eAc1Abf219.osk.mesh.ad.jp
返信・引用 編集済
  > No.22816[元記事へ]

> ゆうきさんの回路はパズルみたいで面白いですね。
CHAENさんコメントありがとうございます。
電子回路パズルを楽しんでください、(故人)上條信一先生も
ビックリ?超三極管アンプ、見慣れた回路、単純な回路ですが色々疑問点が
初段は2SJ? 2SKじゃないの カソードアース? 本当に動くの?
なぜR-chとL-chは回路が違うの?
R-chは動いたのでL-chに挑戦。
 

Re: 超三極管アンプ

 投稿者:かつ  投稿日:2021年 5月 8日(土)11時40分37秒 220.net059084130.t-com.ne.jp
返信・引用
  > No.22815[元記事へ]

> R-chを組み立ててみました、回路は動作するみたいです DF3  増幅率2.3  出力1.5W
一度、出力管の SG を電源につないで五結として、特性を取ってみて下さい。
DF、出力共に上昇するはずです。

増幅率は VR で調整可能でしょうけど、終段が三結だと初段の電流増幅率を高くしても限界が
低いかもですね。

> 完成したら結果を報告します。
結果をお待ちしていますw
 

Re: 超三極管アンプ

 投稿者:CHAEN  投稿日:2021年 5月 7日(金)20時53分24秒 218.231.246.254.eo.eaccess.ne.jp
返信・引用
  > No.22813[元記事へ]

ゆうきさんの回路はパズルみたいで面白いですね。
こうなったら左右独立巻き線(絶縁)の電源にするか、
思い切ってシャーシも別にして、モノラルアンプ×2台の構成にすれば、
スッキリすると思います。
 

Re: 超三極管アンプ

 投稿者:ゆうき  投稿日:2021年 5月 7日(金)19時46分11秒 eAc1Abf057.osk.mesh.ad.jp
返信・引用
  > No.22814[元記事へ]

かつさんいつもコメントありがとうございます。14GW8 から 16A8 に変え、定数もかえて
R-chを組み立ててみました、回路は動作するみたいです DF3  増幅率2.3  出力1.5W

> Lch カソードのパスコンは、マイナス側か電源につながないと、出力がとれないのでは?
私もどちらにつなぐか迷っていましたがマイナスにつなぎます。

完成したら結果を報告します。
 

Re: 超三極管アンプ

 投稿者:かつ  投稿日:2021年 5月 6日(木)23時57分44秒 220.net059084130.t-com.ne.jp
返信・引用
  > No.22813[元記事へ]

どちらもファイナルが三結になっているので、超三結の効果は殆ど無くなってしまうような。
これでは、超三結動作とは言い難いんじゃないですかね?
Lch カソードのパスコンは、マイナス側か電源につながないと、出力がとれないのでは?
 

超三極管アンプ

 投稿者:ゆうき  投稿日:2021年 5月 6日(木)18時41分15秒 eAc1Abf244.osk.mesh.ad.jp
返信・引用
  上條信一作超三極管アンプを設計してみました。
過去4台製作しています、R-ch と L-ch は少し回路が違います
回路は簡単に安定度は高くを目標に設計しました。
動作するかどうか不明 R-ch から組み立ててみようと思います。
 

Re: ホームページ更新

 投稿者:kimuxメール  投稿日:2021年 5月 4日(火)20時50分36秒 113x40x99x225.ap113.ftth.ucom.ne.jp
返信・引用
  > No.22811[元記事へ]

いつのまにかこのページが復活していたのでうれしかったです(自分も作ったので)。

充電式かんたんヘッドホン・アンプ
http://www.op316.com/tubes/toy-box/hpamp.htm
 

ホームページ更新

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2021年 5月 3日(月)17時12分25秒 KD106154005043.au-net.ne.jp
返信・引用
  気がつかれた方は多いと思いますが、情熱の真空管のホームページを少しずつ更新しています。  

PEN45(T) 差動ppアンプ 

 投稿者:SHU  投稿日:2021年 5月 3日(月)15時40分11秒 flh2-133-206-72-96.osk.mesh.ad.jp
返信・引用
  ぺるけさんのミニワッター(6350差動PPアンプ)の回路を参考に、バイアス-10V以下で
使えそうな真空管で手持ちの中からPEN45を選び3結で差動PPアンプを作ってみました。
(他にEL84や6V6等で検討、形の面白さでPEN45にしました)
1週間ほど聞いていますが、とても静かでよい感じに鳴ってくれました。

「遅延0のプロジェクトマネジメント講座」を読み終わりました。
  身に詰まされますね・・・
 

アンプの平衡入力化、断念

 投稿者:flipper-flopperメール  投稿日:2021年 5月 3日(月)12時29分8秒 p148.net120137184.tokai.or.jp
返信・引用
  VT様、

ご親切にアドバイスをいただき、ありがとうございます。
改造を断念することにしました。

以前の投稿の削除は、ご教示いただいた「自分の投稿の編集・削除」機能で出来ましたが、
ping画像が暗転してしまった初めの投稿だけが、削除候補にリストアップされず, 削除できませんので、その旨ご了承ください。

今後のご活躍をお祈りします。
感謝!
 

Re: Tr式2段差動ヘッドホンアンプ基板完成

 投稿者:Y@札幌  投稿日:2021年 5月 2日(日)21時12分40秒 KD106163243219.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  ritさん、こんばんは
> > この状態で高さが28mmほどありますのでタカチのHENシリーズだと1104xxにしないと収まりませんね。
> 1000uFのコンデンサを並列で組み込めると良いなと思うのですが,なかなか良いパターンが浮かびません...

この基板のままでは難しそうですね。
電源部分を5.6Ωの抵抗の手前あたりで切り離して別基板とすれば何とかなりそうです。
3300μF/16Vを1000μF/16Vx3とか1500μF/10Vx2にして、高さ16mm以下の電解コンデンサに変更すればHEN110320に収まりそうです。
 

Re.平衡入力回路への改造

 投稿者:VT  投稿日:2021年 5月 2日(日)17時49分51秒 fp7cdbc4f7.tkyc515.ap.nuro.jp
返信・引用
  flipper-flopperさん、こんにちは。

出来れば以前の貴殿の投稿については、ご自身で削除して頂ければと思います。


Q1.については、下手な方法でカソード側にNFBを掛けようとするとそもそも対となる2球のカソード電流の和が一定であるという差動増幅回路の特性が崩れることになります。その辺りにきちんと配慮したNFB回路を設計できるだけの力をお持ちでないようでしたら、グリッド側に掛けるのが好ましいと思われます。

Q2.については、OPアンプの様なオープンループゲインがほぼ∞と見なせるアンプでない限り、アンプの裸のゲインが異なれば基本的には再計算が必要です。

その辺りは、私のアンプ設計&製作マニュアル http://www.op316.com/tubes/tips/tips0.htm
の真空管オーディオ回路の基礎・応用編に目を通して頂ければと思います。
また、回路にNFBにあるCは位相補正に関わるので、横持ちしてもうまくはたらかないことがありますので注意が必要です。
 

レンタル掲示板
/629