teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:189/12839 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: CSPP回路

 投稿者:かつ  投稿日:2021年12月 7日(火)11時29分34秒 238.net042124109.t-com.ne.jp
  通報 返信・引用 編集済
  なんか、迂闊な書き方をして、色々と誤解を生んだようで、失礼しました m(__)m

> 横から失礼します。Laurentz forceは荷電粒子qに対して、F=q(E+vXB) (vは速度)なので、
> Coulomb力も含んでますね。

その通りですね。電場 E と電荷 q の積が、磁場が無い場合のローレンツ力ですね。

私としては、トランスではあっても磁場 Bが無い場合というつもりで書きましたが、なんか
余計に分かり難くなってしまったみたいで、失礼しました。

ただ、磁場抜きでローレンツ力を導くこともできるので、逆に相対論的なクーロン力を指して
ローレンツ力と呼ぶ、という見方もできるかもですがw つまりローレンツ力の自然な導出に
相対論が不可欠になる、とも言えますね。この辺りの話について、もしもご興味のある方が
いらっしゃいましたら、
マクスウェル理論の基礎(太田浩一:著) に詳しいです。

で、本題の話ですがw・・・ゆうきさんの「電子の衝突は有り得るか」というご質問は、電流
が相互に打ち消しあってはいるものの、電子自体は導体中を両方向に動いた結果として、電流
がゼロに見えるのだろう、という仮定を、内心に前提とされているように思います。
だから「衝突」なのだろうとw
従って、電子の動きについての物理的な意味についての説明を求められたのだと考えました。

だから、ここで電流という言わば仮想的概念を持ち出すのは、質問者の理解は得にくいのでは
ないかと思います。
 
 
》記事一覧表示

新着順:189/12839 《前のページ | 次のページ》
/12839