teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:51/12562 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: セラコンの種類

 投稿者:haya  投稿日:2021年 7月 6日(火)16時54分36秒 115-37-193-185.area8a.commufa.jp
  通報 返信・引用 編集済
  > No.22896[元記事へ]

なるほど、そういう考え方もあるのですね。
実は私も少し前までがそういう信条で、アナログ信号部分にはフィルムしか使わない回路設計をしていました。
セラコンの嫌なのは圧電作用があるところで、振動を加えるとマイクロフォンにもなってしまいます。

ところが、私が設計する回路は「小さく高密度に」が大事なものなので、大きさがかさばりリフローにも気を遣うフィルムが嫌になってきました。

そこで、面実装セラを何種類か用意し、信号通過時の歪率と、圧電作用の具合を実験で取得してみましたが、C0G誘電体はいずれも全く問題なく、フィルム同様に使えるとの判断を私はしました。X5R,X7Rは駄目です。電源のパスコン程度にしか使えないと判断しました。

今は町の部品商も減り、DigiKeyなどでの調達も多いと思います。この場合、好きな種類の部品が買えます。ぜひ、C0G誘電体のセラコンも使ってみてください。特に高密度に組む半導体アンプでよい特性を発揮してくれますよ。

エンジニアは常に新しい地平線を目指すものです。

https://article.murata.com/ja-jp/article/voltage-characteristics-of-electrostatic-capacitance

 
 
》記事一覧表示

新着順:51/12562 《前のページ | 次のページ》
/12562