teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:55/12562 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 最新作の報告

 投稿者:なすび@河村メール  投稿日:2021年 6月30日(水)23時58分51秒 KD124209187228.ppp-bb.dion.ne.jp
  通報 返信・引用
  > No.22892[元記事へ]

こんばんは、なすび@河村です。

パット見てカッチョイイアンプだと思いました。
自分には出来ない工作レベル、色んなノウハウが詰まってそうですね~
遮蔽版とかすごいなぁとw

> 現在では、いろいろ計12台の所有になりました。
> 写真の真空管プリ(トーンコン付き)は、最新作です。
> 木村さんに感謝の意味を込めて、公開させて頂きます。


自分の場合は、音源はパソコンまたはMP3プレーヤーなので
アンプ側にVRやセレクターは要らないって考え方で設計してます。
接点やVRが大嫌いなのもあります。必要最低限の切り替えは手動で、
必要に迫られて作るとするなら、熱的に必要ないなら可能な限りコン
パクトにと思っています。
自分の音源だと小さい面積でLRがベタアース、アンプ側で頑張って
も元がなぁって感じで、設計を楽しむ上で対策はしますが・・・
シールド版や網線、銅箔テープでシールドするとか、基板上の配置で
何とかならないかとか。配線距離をいかに短くするかに頭がいってし
まいます。


配線を撚るのは効果がありますが、厳密に言うと配線の絶縁物の厚み
で効果が薄れます。撚りピッチやテンションで周波数特性も変わります。
(実験したのは、100kHzとか400kHzで低周波ではありませんし、流す電
流も100Aぐらい、リッツ線、測定は発熱の比較(^^;)
数kVだとコロナ放電も発生して、空間距離を開けてもダメでバリヤー
が必要でした。オーディオは電圧も電流も少くパワーは小さくても傾向
は同じだと想像しています。

DACのLPF、ドラムコアを使ったもので配置によりクロストークが悪化した
とぺるけさんの記事で知り、磁気結合の怖さも
でっここで空間距離をとるとなるのですが配線が長くなる、線材で音が変
わるなら短ければ短い方が音がいいのではないかと思ってしまいます。
(配置で対策)


> トーン回路部分は、空中配線などもあり信号の飛びつきなど心配です。
> プリアンプなどは、不必要なほどの空間部分がある方が、良いのでしょうね。
> ご意見お聞かせください。
 
 
》記事一覧表示

新着順:55/12562 《前のページ | 次のページ》
/12562