teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


近況ご報告

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年12月 4日(水)23時59分59秒 116-91-190-137.tokyo.ap.gmo-isp.jp
返信・引用
  2017年9月に癌の手術で左腎臓全摘出をしてから3か月ごとに再発の検査をしています。
今年の3月に再発が見つかって切除手術をしました。
今日のCT検査と尿検査は合格で、再再発は認められませんでした。
ちょっと喜んでいます。

でも、ALSは少しずつ確実に進行しております。

 
 

Re: RE: MCヘッドアンプ+イコライザーのひずみ率測定

 投稿者:きょろぴー  投稿日:2019年11月28日(木)00時23分5秒 KD106154136228.au-net.ne.jp
返信・引用
  > No.21808[元記事へ]

ぺるけさんお返事ありがとうございます。
> 細かい解説がない記事でしたが...
わかりにくいところは「私のアンプ設計&製作マニュアル」内を探せばたいていどこかに
説明があったように思います。このマニュアルは素晴らしいです。

> ...ずいぶん頑張りましたね。
ありがとうございます。モノ作りは満腹状態です。

> ひずみ率計の基本を知っていると歪みとはそもそも何なのか理解が深まります。
ひずみの理解にはフーリエ変換などの高度な知識が必要で、四則演算以上のことが
全然ダメな私の能力を超えていると思っていました。
今回、自作ひずみ率計を使って手動で計測したことで、ぺるけさんの言われるように、
理解が深まり、フーリエ変換とひずみの関係(のイメージ)ってこういうことだったのね、
と腹落ちしました。
 

歪率の測定

 投稿者:ゆうき  投稿日:2019年11月27日(水)13時18分15秒 eAc1Acj034.osk.mesh.ad.jp
返信・引用
  歪率計は高価なので私はこれを利用して目安にしています。
http://web1.kcn.jp/tube/PCTHD.html
 

RE: MCヘッドアンプ+イコライザーのひずみ率測定

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年11月26日(火)23時56分29秒 116-91-190-137.tokyo.ap.gmo-isp.jp
返信・引用
  細かい解説がない記事でしたがずいぶん頑張りましたね。
ひずみ率計の基本を知っていると歪みとはそもそも何なのか理解が深まります。

 

MCヘッドアンプ+イコライザーのひずみ率測定

 投稿者:きょろぴー  投稿日:2019年11月23日(土)11時00分15秒 KD106154136228.au-net.ne.jp
返信・引用
  ぺるけさん設計のMCヘッド・アンプ+PHONOイコライザが一応完成したので、「ありあわせ機材でつくる歪み率計」でひずみ率を測定してみました。結果のグラフを掲載します(いちばん上の図)。

アンプの回路はぺるけさん設計の通りですが、電源回路、基板レイアウトなどは手持ちの部品の都合で変更しました。またMM/MCの切り替えスイッチは省略しました。上から二番目の図がアンプの内部。

測定に使用したひずみ率計はぺるけさんの記事のほとんど完全コピーです。私の環境ではひずみ率0.04%ぐらいが測定限界のようです。一番下の図がひずみ率計の内部。

今回、一連の作業には1年以上かかりました。ぺるけさんの状況とは比ぶべくもないことですが、実は私も持病で手足が不自由なうえに技術的には素人同然なので、このような者が所定の性能を再現することができたのは、ぺるけさんの丁寧な記事のおかげです。

これで安心して昔のLPを聴くことができます。
以上、報告方々お礼まで。ありがとうございました。

トランジスタ式ヘッドホン・アンプの本も楽しみにしております。
 

RE:TRSとキャノン

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年11月21日(木)12時33分56秒 116-91-190-137.tokyo.ap.gmo-isp.jp
返信・引用 編集済
  情報が少なく状況が見えないのですが、EdirolやSteinbergなどについているTRS‐キャノンコンボジャックのことではないか、という想定で書きます。(下の画像のような)

どっちでもマイクロフォンが使えるように見えますが、マイクロフォン用はキャノンだけで、TRSは信号レベルが高いライン入力として使うことを想定しているのが普通です。TRSにダイナミックマイクを突っ込んっでもレベルが低すぎる可能性があります。マイクロフォンは常にキャノンと考えた方がいいでしょう。


 

先日、出版社に送った原稿より

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年11月19日(火)17時59分8秒 116-91-190-137.tokyo.ap.gmo-isp.jp
返信・引用 編集済
  最後の章に、インターネットでのエチケットについてこんなことも書きました。

「掲示板で質問をする場合、同じ質問をあちこちの複数の掲示板に書き込む人がいます。いろいろな掲示板に同じ質問を投げておけばどれかにひっかかるだろうと思ってそうされるのだと思いますが、こういう行為は「マルチポスト」といって最も嫌われる行為ですのでくれぐれもご注意ください。実は、掲示板を良く利用している人は、同種のテーマを持った複数の掲示板を巡回しているのが普通なので、どこか1ヶ所に書き込んでおけば誰もが見てくれるのです。掲示板を巡回していて、どこを見ても同じ質問に出くわしたら誰でも不快な気持ちになるでしょう。ネット上のエチケットの基本ルールはシンプルで、要するに「ずるいこと」、「人を欺くこと」、「自分の都合ばかり考えた行為」をしなければいいのです。」
 

RE:TRSとキャノン

 投稿者:千の里人  投稿日:2019年11月19日(火)08時54分42秒 softbank126026212022.bbtec.net
返信・引用
  マルチ・ポストですね。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13216402138
 

TRSとキャノン

 投稿者:まさ  投稿日:2019年11月18日(月)14時00分27秒 i220-221-198-124.s41.a008.ap.plala.or.jp
返信・引用
  DAWにオーディオインターフェースを通してダイナミックマイクを使うと思いますがケーブルはTRSとキャノンどちらが適していますでしょうか?よろしくお願いします。  

入手可能部品で作るトランジスタ2段差動ヘッドホンアンプ

 投稿者:藍パパ  投稿日:2019年11月18日(月)13時56分21秒 mo146-160-253-37.air.mopera.net
返信・引用
  突然のご病気と承り、心よりお見舞い申し上げます。

もう十年以上前にこのHPを参考にして一生懸命勉強し、6AH4GT全段差動プッシュプルアンプを制作したり
オフ会に参加させて頂いたり等、大変お世話になった者です。

今回、ぺるけさんがご不自由な状況で書いて頂きました渾身のヘッドホンアンプを今作らなくてどうするんだ!
という思いで一代奮起し、稚拙ながら基板を描き起こし制作しました。

今回制作した「入手可能部品で作るトランジスタ2段差動ヘッドホンアンプは2種類

①標準タイプ(左/黒基板):ぺるけさんの設計/定数を忠実に守り、外部電源をACアダプターのほかモバイルバッテリー(DC+5V)にも対応しました。

②ポータブルタイブ(右/白基板):外出先で気軽に使える様にアイドリング電流をぐっと抑えてニッケル水素電池(006Px2/7.2Vx2)駆動出来る様にしました。
 (サイズの制約上、デカップリングコンも3300uF→1000uFに小さくなっていますのでクロストーク特性も劣ると思います)

どちらも「旅行オーディオProject」も視野に入れて、極力小さく/モバイル可能なコンセプトで作っており、ケースはタカチのKC3-8-14というコンパクトな汎用ケースで作りました。

どちらも出てくる音は...
なるほどと、納得させられました。

今回、ぺるけさんのラグ基板配置になるべく忠実に合わせる様に部品配置しましたが
そこで気づかされたのが絶妙な部品配置とパターンの引き易さでした。
実際にアートワークして秀逸というのはこういう事かと気が付かされ勉強になりました。

今回は中間報告ですが引き続きここで↓この企画は続けて行きたく思います。
https://twitter.com/ai_papa_/status/1181103590250647555

つらつらと取り留めも無いことを書き綴りましたがこのような素晴らしい回路を提供して頂きありがとうございました。
取り急ぎ製作例として報告致しました。ご自愛のほどお祈り申し上げます。





 

BTLアンプ

 投稿者:ゆうき  投稿日:2019年11月13日(水)09時38分29秒 eAc1Acj201.osk.mesh.ad.jp
返信・引用 編集済
  10月24日に投稿した簡単BTLアンプ完成したので報告します。出力12W DF L 52 R 50 電圧L-9.4mV R-9mV 30分後 L+18mV R+7mV
回路は http://www7b.biglobe.ne.jp/~anpdaosuki/kantanbtl5.html
 

Re: iTunesの読み込みファイル形式

 投稿者:まさみち  投稿日:2019年11月 2日(土)04時09分19秒 dcbd5b28b.oct-net.ne.jp
返信・引用
  > No.21669[元記事へ]

> mac miniにアップルロスレスで読み込んでいるのですがなぜかこの頃CDとの音質差が気になってしまうようになってしまいました

自己レスですが解決しました
古いCDプレーヤーには20kHzのLPFが入ってて
USBオーディオI/FにLPFが無かったせいらしいです

http://www.op316.com/tubes/lpcd/digital-lpf.htm

ぺるけさんのこの記事を参考にアンプの入力にCRのLPFを入れたら歪みっぽく聞こえなくなりました
どうもありがとうございました。

 

とりあえす、近況です

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年10月31日(木)00時37分58秒 116-91-190-137.tokyo.ap.gmo-isp.jp
返信・引用 編集済
  着替えは100%介助が必要。
パンツを下すのだけできますが後は全くダメなのでトイレの後は妻を呼びます。
食事は軽いものなら左手でかろうじて口まで運べますが、最近は妻に助けてもらうことが増えました。
自力で顔を洗うことはできません。
足の進行だけは少し遅いのでなんとか自力で歩けますが、歩き方は明らかに変です。
口とのどの筋肉も衰えているので、誤嚥すると咳き込んで恐ろしいことになります。
ろれつがまわらないのと、痰がたまりやすくなりました。

自作オーディオと電子工作のトラブルシューティングはライフワークだと思っているテーマです。
発病後、完全に諦めていましたが、お世話になった出版社の方の励ましもあって、ひたすら書いていました。
大切な本なので推敲は10回以上かけました。
そして、本日、脱稿しました。
89,000字中70,000字を視線入力で書きました。
できるだけ早く書籍として出したいと思っています。

明日は、いずれ失われる自分の声を残すために都立神経病院内のスタジオに行きます。
そこには命の声のために限られた音響機材で頑張っている人々がいました。
新品のモニターヘッドホンと手元に残っていた最後の差動ヘッドホンアンプを寄付しました。
マイクロフォンがとらえた声が、耳に痛くないナチュラルさで自分の声らしく聞こえると、喜んでくださいました。
そういうアンプが目標だったから、そう評価されてなんともうれしい。

 

Re: Bluetoothレシーバーボードの解析とROM書換

 投稿者:rit  投稿日:2019年10月27日(日)14時20分24秒 KD106154134023.au-net.ne.jp
返信・引用
  > No.21797[元記事へ]

やまぐちさん

ここの掲示板にはツワモノが集っていてワクワクします.笑
EQ設定値の変更がなかったようで安心しています.
いよいよ容量変更の意図が気になるところです.

モジュール名変更も素晴らしい改善ですね.
なによりネーミングセンスが素晴らしい.
 

Bluetoothレシーバーボードの解析とROM書換

 投稿者:やまぐち  投稿日:2019年10月27日(日)01時02分13秒 softbank219175210162.bbtec.net
返信・引用
  CSRA64215のレシーバーボードの4台目を弄り始めて、ついにType3が出ました。もしやBTモジュールのイコライザ設定値等も違うのか?と興味があって解析してみましたが、そこは変わらないようです。
「BT-AUDIO」ばかり増えてしまい紛らわしいので、ついでに名前を「Perché?」変えてみました。

写真はType2の時の解析時のものです。
 

トランスの測定方法について

 投稿者:1515  投稿日:2019年10月24日(木)22時43分45秒 i121-117-31-73.s41.a009.ap.plala.or.jp
返信・引用
  マニア様。ぺるけ様

ご回答ありがとうございました。
まずは600Ω負荷で測定してみて、用途に合った負荷にて再測定して
活用したいと思います!

ご教示ありがとうございました。
 

RE:トランスの測定方法について

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年10月24日(木)21時38分35秒 116-91-190-137.tokyo.ap.gmo-isp.jp
返信・引用 編集済
  トランスの周波数特性は、信号源インピーダンスと負荷インピーダンスの2つの要素でかなり変化します。
実際にどんな使い方をするかに合わせた測定条件にしないと得たデータは意味を失います。

私のサイトの作例の使い方では、信号源インピーダンスは10Ω~40Ω程度と限りなく低い値を設定しています。
それは、信号源インピーダンスは高いほどトランスの低域の歪が増えるからです。
トランス式DACでRCフィルタからLCフィルタに切り替えたのも信号源インピーダンスを下げるためでした。

数MHzまで出せるファンクションジェネレータの出力インピーダンスは50Ωが標準です。
そのままでもいいですが、20Ωで測定したかったら33Ωでシャントすれば19.9Ωにできます。
 

トランス測定

 投稿者:マニア  投稿日:2019年10月24日(木)17時54分2秒 softbank126115044122.bbtec.net
返信・引用
  トランスは送りのインピーダンスと受けのインピーダンスを一致させます。
一般的なFGは600Ω系と50Ω(BNCコネクタが多い)があり600Ωなら直接接続、
50Ωなら550Ωを直列に入れ、トランス一次に接続。

二次はそのとおり600Ωを並列にします。

なお針式の電子電圧計は正解で、安価なデジタルテスタではAC特性が高域
で悪化するので上手くいきません。


 

BTLアンプ

 投稿者:ゆうき  投稿日:2019年10月24日(木)09時56分13秒 eAc1Acj140.osk.mesh.ad.jp
返信・引用
  BTLは回路が複雑なので簡単な回路を考えました。HOT側は通常のOTL回路です、COLD側は無負帰還.DC的に不安定になるのでDC-ACサーボを付け加えました、HOT-COLD 10kの中点を通してバランス電圧を検出してオペアンプに入力しアンバランス電圧検出してTR5に加えTR10を制御する事でDCバランス・負帰還を加えます。動作はバラック組んで確認済み。DFは60・出力12W  

トランスの測定方法について

 投稿者:1515  投稿日:2019年10月23日(水)16時46分4秒 i121-117-31-73.s41.a009.ap.plala.or.jp
返信・引用
  みなさんこんにちは。
先日、特注品のライントランスを入手しました。
1次、2次共に600Ωです。
それで、周波数特性を測りたいと思っています。
機材はファンクションジェネレータと電子電圧計です。

2次側の負荷はトランスと並行に600Ωで。

1次側は無負荷で信号を入力すれば良いのでしょうか?
ご教示頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。
 

レンタル掲示板
/575