teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


会報発送、人出戻る

 投稿者:世話人  投稿日:2020年10月18日(日)17時40分58秒
返信・引用
  本日、大阪中央郵便局から会報を発送しました。毎月第三日曜日、これまで定点観測で大阪駅など梅田の様子を報告してきましたので、付け加えますと、もとの賑やかさが戻ってきている感じです。いろんな人が多い。今月の会合も以前の飲み屋へ行けたしね。ところが小生2日前、仕事で東京・秋葉原へ3時間半ばかり行って、帰りの山手線の6時頃の乗客の少なさに驚きました。行きは2時頃なのでこんなものかと思っていたのですが、立っている人がいないくらいで。むろん、帰りの花金6時台の新幹線の自由席は混んでいましたとも。  
 

『漢字の夢』

 投稿者:高井 信  投稿日:2020年 9月21日(月)08時36分25秒
返信・引用
   加戸さん、ありがとうございます。
 盛林堂さんでの販売ですが、追加納品し、いまは在庫ありです。ただし、そう多くはないと思いますので、ご希望の方はお早めに。
 

会報発送

 投稿者:世話人  投稿日:2020年 9月20日(日)17時35分9秒
返信・引用
  本日、会報を発送。電車の中はそんなに人はいないのに、大阪駅や中央郵便局、ヨドバシカメラではそれなりの人が戻って来ていました。シルバーウイークなのですねえ。日曜日はカップルが多いけれども子供連れのご家族もけっこう見かけました。遠足で案を出していた淡路島のニンゲンノモリのゴジラも再開だそうですが、まだ一部のまま。行くのは全部出来てからにしましょう。明石駅、明石港から船で13分、シャトルバス3分。行けば近い。11月にゴジラ・ストア大阪か開店するも最初は予約や時間制限とか書いてある。ハルカスの「鬼才」など展覧会にしますか。制限のなさそな人気の無いのはないかいな。10月の会合で相談しましょう。高井信さん発行の新刊、尾川健『漢字の夢』。ネットの盛林堂では一晩で完売したとのことで、勝手に会合常連会員さん4冊分ギリギリで確保していただきましたのでよろしく。あと追加情報ですが、黒田藩プレスから師匠の「雨やどり」、英訳本が去年出ていました。丸々1冊は初めてですね。次号で記録します。  

暑い!暑い!

 投稿者:田舎のY田  投稿日:2020年 8月18日(火)20時19分57秒
返信・引用
  長雨豪雨の梅雨が終わったら、雨も降らず猛暑の毎日です。家もちんちん(岐阜県の方言)にあからんでいます。以前は、大阪ではこういう日に外を歩くときは皆、団扇を持っていましたが、今では携帯扇風機でしょうか。今年はコロナ禍で、学校の夏休みも九日間(実質一週間)となり、子供も暑いときに学校へ行かなくてはならなくなり、可哀そうなことです。暑さはエアコンが設置されているのでいいかも入れませんが。
亡霊は、世話人さんが見つけると退治されているようですが。
 

(無題)

 投稿者:miburo  投稿日:2020年 8月14日(金)19時04分21秒
返信・引用
  暑いですね、お盆ですね、武漢コロナが蔓延していますが
なにやら、掲示板の亡霊が沸いてるようですな。
 

予定より10日早く送付

 投稿者:世話人  投稿日:2020年 8月14日(金)17時57分34秒
返信・引用 編集済
  本日、会報を中央郵便局から発送しました。印刷屋さんの盆休みから逆算して23日かと思いきや一晩で仕上げて下さいました。それにしても、今週から慣れない暑さに、冬に暖房機を使わず、夏も扇風機はいらんかと思っていたのに、とうとうダイソン風起こしです。でも気持ちがいいのはシャワーの後の団扇です。それはともかく、郵便局の帰りの地下街ホワイティの通路でおっちゃんが倒れていて警備員が周りを守っている光景にでくわしました。年寄りには熱中症も堪えます。ご自愛あれ。  

7時20分からです

 投稿者:世話人  投稿日:2020年 8月 2日(日)12時30分36秒
返信・引用
  本日スタートの師匠原作のNHKのラジオドラマ。会報では7時30分からと記録しましたが誤記です。7時20分からです。残念ながら会合参加者は、リアルタイムでは聞けないでしょうけれど。  

8マン

 投稿者:世話人  投稿日:2020年 7月23日(木)14時02分7秒
返信・引用 編集済
  高井信先生のブログで紹介されていたチャンピオンレッド9月号。巻頭にはそんなのありか「8マンVSサイボーグ009」が掲載されていますが、特別付録の8マン小冊子がお宝です。最後に平井和正筆エイトマンのシナリオ一篇が掲載されています。ということは半村師匠のシナリオも現存しているのでしょうか。気になります。  

来ました!アベノマスク

 投稿者:田舎のY田  投稿日:2020年 6月13日(土)16時14分24秒
返信・引用
  アベノマスクが昨日来ました。今月の会報用のお便りで、マスクでウイルスの感染を防げるかと書いたのですが、アベノマスク封入の印刷物を見て解決しました。印刷物には、(感染者が)人にうつさないようにマスクをするように書かれていました。マスクをしても防げるとは書いてありませんでした。これで、疑問が一つ解消しました。  

東南アジアの古代幻想

 投稿者:暗黒卿  投稿日:2020年 5月21日(木)20時51分45秒
返信・引用
  25年以上前に2代目世話人であるT氏より、いただいていた。1976年発行の「東南アジア観光ニュース」No22・23・24ですが、長らくバラバラで保管していまして、まとまっていなかった。それが、ようようこのたびのゴールデンウィークの整理で20年以上封印されていた段ボールを開封したら出てきました。
今、あらためて見てみますと半村師匠の他、小松左京・豊田有恒・星新一氏といったSF界の重鎮が寄稿されています。中の情報によると講演会もあって先の各氏と田中光二氏らも講演していたようです。これは発行元の国際機関SEAPCENTRE東南アジア観光事務所なのですが、その所長が当時キャリア官僚で翻訳家の斎藤伯好氏だったからでしょうね。
師匠の寄稿文『東南アジアの古代幻想』は3回にわたり、その内容は未完となった『太陽の世界』へと続くものです。
 

レンタル掲示板
/27