teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


了解しました。

 投稿者:高井 信  投稿日:2019年 7月20日(土)20時00分48秒
返信・引用
   では、加戸さんの分と合わせて4冊をお送りします。3冊分(計2100円)は加戸さんのほうで取りまとめてくださいますようお願いします。  
 

Re: 『探偵にダジャレは無用』

 投稿者:世話人  投稿日:2019年 7月20日(土)12時59分25秒
返信・引用
  > No.227[元記事へ]

高井 信さんへのお返事です。
会合出席者はPC難民が多くてここを見ていないと思いますので、3冊希望いたします。いまのところ、柳田、中田、なんでも参加する上田の三氏を想定していますが、筒井先生つながりでゴローさんとも親しかった海苔子もどうかなと考えると、とりあえずの最低線。

>  安田五郎さんの遺稿集『探偵にダジャレは無用』を作っています。完成が近づいてきましたので、アナウンスさせていただきます。
> ◎安田五郎『探偵にダジャレは無用』文庫判/144ページ/700円/解説・高井信
>  郵送の場合は送料180円(スマートレター代金)。
>  いまのところ、一般販売するかどうかは未定。おそらく仲間内だけでの販売になろうかと思います。(もしかするとイベントなどへの行商はあるかも)
>  購入希望の方は今月20日までにここにコメントをいただくか、高井に直接連絡をしてください。それを確認した上で、発注部数を決めます。
>  申しわけありませんが、私とプライベートな付き合いのある方に限らせていただきます。あるいは、私と親交のある方に代理購入を依頼するか。
>  また、加戸さんにまとめて送り、例会で受け取ることも可能(ですよね。>加戸さん)。その場合、送料はこちらで負担いたします。
> (加戸さんには進呈いたします。お待ちくださいませ)
 

『探偵にダジャレは無用』

 投稿者:高井 信  投稿日:2019年 7月14日(日)10時30分33秒
返信・引用
   安田五郎さんの遺稿集『探偵にダジャレは無用』を作っています。完成が近づいてきましたので、アナウンスさせていただきます。
◎安田五郎『探偵にダジャレは無用』文庫判/144ページ/700円/解説・高井信
 郵送の場合は送料180円(スマートレター代金)。
 いまのところ、一般販売するかどうかは未定。おそらく仲間内だけでの販売になろうかと思います。(もしかするとイベントなどへの行商はあるかも)
 購入希望の方は今月20日までにここにコメントをいただくか、高井に直接連絡をしてください。それを確認した上で、発注部数を決めます。
 申しわけありませんが、私とプライベートな付き合いのある方に限らせていただきます。あるいは、私と親交のある方に代理購入を依頼するか。
 また、加戸さんにまとめて送り、例会で受け取ることも可能(ですよね。>加戸さん)。その場合、送料はこちらで負担いたします。
(加戸さんには進呈いたします。お待ちくださいませ)
 

私家版

 投稿者:高井 信  投稿日:2019年 7月 6日(土)06時30分12秒
返信・引用
   35年前に書いたプロレス小説(時事ネタ・パロディ満載の妄想小説)を1冊にまとめました。文庫判、176ページ。解説は山本孝一さん。
 販売は盛林堂書房(東京の古書店)、ちくさ正文館書店本店(名古屋の書店)にお願いしました。盛林堂書房は通販にも対応しています。
http://seirindousyobou.cart.fc2.com/ca4/520/p-r-s/
 興味のある方はよろしくお願いいたします。
 

超久しぶりの新刊

 投稿者:高井 信  投稿日:2019年 6月28日(金)13時06分25秒
返信・引用
   拙著『小学生のためのショートショート教室』(小鳥遊書房)が発売されました。『ショートショートの世界』(集英社新書)はショートショート入門がメイン、書き方がサブでしたが。本書は逆の構成になっています。
 書店に行く機会がありましたら、手に取ってくださいませ。
 

あれから何年

 投稿者:世話人  投稿日:2019年 6月19日(水)12時43分25秒
返信・引用
  昨日、いつもの紀伊國屋書店のサブカルコーナーで「あなもん」戸川昌士をパラめくりしていたら、伊藤の徹ちゃんのエピソードが載っていました。版元は、野村芳夫(竹上昭)さん訳のマタンゴ小説アンソロジーと同じPヴァイン。何かの縁か。立ち読みできる範囲ではありますが、星新一のにせもの色紙なんぞも載っていて面白い。調べると伊藤さんが亡くなったのは2013年夏。供養のつもりで買った水木しげる漫画大全集は、最後に索引やリストをまとめた最終巻を今年受注生産するかたちで現在予約募集中。あれから6年。毎年、仲間を失っています。大事な記憶は記録に残したいものです。
大阪北部地震の1年後の昨日、山形・新潟で震度6。テレビの報道はNHKより一部の民放の絵がしっかりしていた。むろん関西ローカルのサンテレビは通常番組のママ。誰がどこでも映像を撮れる世の中なので、どれだけかき集めて整理して素早く流せるかにかかっています。一方で相変わらず「ということです」を連発するアナウンサー。「なります」とならび気になることばです。豊かな日本語にするためには、一流の新聞記者に記してもらうべきでしょう。ちなみに昨年の地震で小生の家では本棚は傾き照明具を揺らしたままだし、食器棚は阪神の再来で食器空中浮遊のままであります。
 

ジオシティーズ終了

 投稿者:田舎のY田  投稿日:2019年 6月18日(火)14時03分7秒
返信・引用
  久しぶりに黄金霊船丸で「おっさん膝栗毛」を見ようとクリックしたら、「Yahoo!ジオシティーズは終了しました」。武ちゃん、見られなくなりました。(「半村良目録」も)  

見にくいので再掲載します

 投稿者:世話人  投稿日:2019年 6月16日(日)16時52分34秒
返信・引用
  今月の「赤き酒場」発送いたしました。上がりを見ると、好評連載中の竹上さんの原稿のカット写真の最後のがよく判らなくなっております。表題は「スト通告書」。次号で文章が読めるように図版のみ再掲載いたします。  

ゴジラ見た

 投稿者:世話人  投稿日:2019年 6月13日(木)16時31分12秒
返信・引用
  月の出社日の数に限界が設定されているので、休んで久しぶりに劇場でハリウッドゴジラを見た。人間の生き死により怪獣に感情移入する。東宝怪獣映画のエッセンスがてんこ盛りであるものの新しい絵はない感じ。それよりも、公開3日目の会合時にパンフを買いに行ったが売り切れ。まだ今日も売り切れ。ほかの劇場にはあるのかもしれないが、少なくともアマゾンコムでは特別版なるものと2種類売りに出ている。オリジナルサウンドトラックに至っては今1万円弱。平日の朝一だったからか観客はまばらであったが、おかしな世の中だこと。  

山本孝一様にヨイショ

 投稿者:世話人  投稿日:2019年 4月13日(土)17時53分21秒
返信・引用
  光文社文庫の今月の新刊「ショートショートの宝箱2」に山本孝一大兄の素敵な作品が掲載されています。読むべし。  

レンタル掲示板
/23