teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


RE:おつかれさまでした

 投稿者:龍門  投稿日:2016年11月13日(日)19時21分5秒
   こんばんは由良之助さん。

「ネイビーヤード」誌最新号の拙作、米海軍ワスプ級強襲揚陸艦「イオー・ジマ」をご覧になっていただき誠にありがとうございます。細かいところまでお褒めいただき、恐縮の限りです。それにして、毎度ながら良くご覧になっていますね(^^)。


>フィギュアなしでも「動き」が見えてくるのはこの艦種ならではですが、

 おっしゃるとおり、これほどの大きな艦でしたら、フィギュアを置いても置かなくても、それぞれそれなりに情景が醸し出されるのではないでしょうか。私はあまりフィギュアが好きではなく、フィギュアがあるとかえってウソっぽくなると考えていますので、フィギュアなしでも情景を醸成出来るようにしたいと思って毎回作ってきました。


>実は一番の見せ所はLCMではないのかと思います。
>本体と同じくらい気合が入っております(
>掲載写真では添え物程度に写っているだけなのがちょっと残念でした)。

 これもおっしゃるとおりで、誌面ではごく小さい写真にわずかに写っているだけなのに、良くご覧になっていますね(驚笑)。
 このLCM、ボラードを自作し、フェアリーダー、搭載機銃、手すり、錨鎖などはエッチングパーツなどを使っていて、可能な限りディテールアップしています。編集部も私があえて言うまで気づかなかったので、ほとんどの人は気づかないと思います(苦笑)。


 さて次回以降の話です。

 現用外国艦艇はインジェクションキットの商品化が今後も低調なため、誌面にも書きましたが、「現用艦船倶楽部」は不定期掲載ということにしていただきました。というか、当面は掲載しなくなると思います。

 実を言いますと、私も少々疲れ果てましてね…。最近は製作モチベーションがほとんど上がらなくなってしまったのです。当工場も今年4月に「アキテーヌ」を作って以来、半年以上全く稼動しておらず、船台は埃をかぶったままです。

では今後は帝国海軍艦艇に復帰か…といいますと、実はこれもまたモチベーションが上がりません。その原因の少なからぬ部分は視力の悪化、根気の低下にあると思います。

 手が動かないのなら考証を…という考えもあるのでしょうが、私個人はもはや70年以上も前の話にはあまり情熱をかきたてられません。写真とか図面とかもほとんど新規なものはない状態ですし、あとは頭の体操で類推ゲーム化していますので、それは他の頭の良いそして根気の旺盛な方々にお任せしようと思っています(^^;)ゞ。

 ということで、少なくとも年内一杯ぐらいか来年の春ぐらいまで、製作活動を休止します。これからはせいぜい1年に1~2作品、突然かつ単発かつ不定期に掲載していただくという方向になると思います。
 掲載されましたら、当掲示板と日記にてお知らせします。当ホームページと日記、掲示板は、変らずいままでどおり運営します。


>ふと気づくと30回目にもなるわけで、ここでペースダウンとなるのもやむなしということでしょう。
>長い間おつかれさまでしたということで、

 誠にありがとうございますm(_ _)m。心使いいたみいります。
 
 

RE:米露同盟?

 投稿者:龍門  投稿日:2016年11月13日(日)12時03分35秒
   こんにちは主計長さん。

>マスメディアは、相変わらずトランプショックを強調してますが、
>裏を読むとマスメディア界にとってトランプは、好ましい人物でないのですね。

 マスゴミ界はあくまでかわら版屋なので、お祭り屋にすぎません。節操はなく思考もありません。お金のある方なら、どちらにだって着きます。現在ではごくごく少数の者以外は、ジャーナリズムは完全に絶滅しています。
 このマスゴミを操って人類を洗脳している奥の院にとって、トランプは少々都合が悪いのです。彼は、ある程度本音で生きていますから(爆)。


>プーチンやトランプの方が、まともな指導者なかも知れませね

 わが国ではプーチンを支持するなどと言うと、色眼鏡で見られますが、これもマスゴミによる偏向と洗脳です。それに追従して、おバカなネトウヨが扇動しているだけです。

 現状ではプーチンは最上級の素晴らしい指導者でしょう。なぜなら、どこかの国の超絶低能な総理大臣と称する者と害務省は、自国民のことを一顧だにせず、ひたすら米国に追従し米国の利益を最優先することしか頭にありません。
 しかしプーチンは自国民の利益だけを最優先しています。羨ましい限りです。
 

米露同盟?

 投稿者:主計長  投稿日:2016年11月13日(日)07時56分23秒
  龍門さん、前回に続き解説いただきありがとうございます。
マスメディアは、相変わらずトランプショックを強調してますが、裏を読むとマスメディア界にとってトランプは、好ましい人物でないのですね。
案外、プーチンやトランプの方が、まともな指導者なかも知れませね。
 

RE:トランプ大統領

 投稿者:龍門  投稿日:2016年11月12日(土)17時40分41秒
   こんばんは主計長さん。

 先日の米国大統領選挙はリアルタイムで逐一見ていましたが、非常にエキサイティングでした。そして我が国のマスゴミが、本当にゴミでしかないことを如実に見せつけました。

 しかも、どこかの国の総理大臣とやらが、直前までヒラリーと会談してヒラリー押ししていたのに、さっそくトランプに尻尾を振って媚びるのがまことに哀れです。害務省の言いなりになってホイホイヒラリー押しをして、それが外れるとさっそく手のひら返しをする。この国は、本当に売国奴達によって動かされています。


 今回の一件は、どこでも言われているように、新自由主義者(グローバリスト)対ナショナリズムの対決ですね。以前から何度も書いていますように、世界の人々は70億人もいるのだから、単一の服(ユニクロ)を着て、単一の食事(マクドナルド)をして無国籍な無味乾燥なモノを買うなんてことは出来ないのですよ。グローバリストは国境をなくしてしまいたいのですが、奴らは人間性そのものを無視しています。

 私は一刻も早くグローバリストや無国籍企業家達は絶滅して欲しいと、心の底から願っています。グーロバル化が良い事だというのは、大ペテンの洗脳です。まさしく、フランス革命の「自由・平等・博愛」が真っ赤な大ウソのペテンであり、その後の人類を洗脳し続けているのと根っこは全く同じです。


 世の中は、プーチンとドゥテルテとトランプが組んだら面白い事になりますよ(爆)。ちなみにトランプには、ペンタゴンのモンロー主義者達のバックアップがあるといわれているようです(私にはその真偽は分かりませんが)。

 今後、トランプが暗殺されやしないか(私にはペンスという人がどういうひとなのか全く知りません)、そしてTTPやエネルギー政策の点で国際金融機関の奥の院からのコントロールを受ける可能性が高まるのか否か、要注視だと思います。
 

トランプ大統領

 投稿者:主計長  投稿日:2016年11月 9日(水)21時11分16秒
編集済
  龍門さんこんばんは。
米国大統領選挙トランプ候補が当選しましたね。
英国のEU脱退以上のインパクトが感じられました。
日本の市場動向は、敏感に推移して円高、株安となりました。
トランプショックと報道するマスコミ。
そもそもトランプって一体何者?
プーチンを尊敬する不動産王だとか。
本当にバックボーンは、ないの?
 

更新して海上自衛隊補給艦「ましゅう」の製作記その5(完結編)を掲載しました

 投稿者:龍門  投稿日:2016年11月 7日(月)00時59分41秒
   昨夜遅くに更新して、海上自衛隊補給艦「ましゅう」の製作記その5をアップしました。今回で「ましゅう」の製作記も完結です。今回は細部のディテールアップをやって張り線を施したのち、完成へと至ります。

 その5は、細部ディテールアップのやり方や場所につき、かなり細かく述べさせていただきました。今回の製作記は、いつもより文章も多くなっています。これから「ましゅう」を作る方々の参考にでもなればと思います。
 それにしても、「ましゅう」のような大きなレジンキットを作るのは大変手間がかかりますね。艦船模型の初級者にはちょっと難しいかもしれません。

 ではよろしくご覧下さい。完成した「ましゅう」の全貌は次回更新にてお見せします。

********** ********** **********

 いよいよNHK大河「真田丸」は、真田丸が完成しましたね。今回は最初から本題突入で緊張感もあり、オープニングタイトルロールがラストにくるという、とても意表を突いた構成で魅せました。
 秀頼も素晴らしい殿様ぶりでカリスマ性も出て来たし、なにより大野修理って良い人やん(大爆)。

 さあ、これで冬の陣です。あと5回しか見れないのがなんだか惜しい感じ。去年やったというクソ大河とは月とスッポンですなぁ。
 今回ぐらいは豊臣側が勝って欲しい…なーんてね(爆)。


 由良之助さんへのRESは、一両日中に。「イオー・ジマ」の話を含め、ちょっと書かせていただきたいこともありますので、あとでゆっくりRESさせていただきます。
 

おつかれさまでした

 投稿者:由良之助  投稿日:2016年11月 6日(日)10時28分8秒
  こんにちは由良之助です。NY誌vol.33拝見しました。今回の「現用艦船模型倶楽部」は超大物である、と龍門様から予告がありましたが、表紙を見ると「イオージマ」とあります。『そんなに大きかったかなあ・・』ページを繰り出してみるとワスプ級の「イオージマ」で、たしかに超大物です。LHPの「イオージマ」」と勘違いしていた訳ですが、既に現用艦ではないのでした(年齢が出る話しで・・)。
ワスプ級LHDはドイツレベルから発売された際に箱の大きさに慄いた記憶があり、まさに「超大物]です。

ホビーボス版は組み立て等は特に問題は無いようで心置きなく追加工作をされています。
ウェルドックや格納庫内は入念に仕上げてあり(格納庫甲板の眼環まで塗られています!)、ほとんど見えなくなる・・と述べられていますが誌面掲載写真(P69)ではしっかりと写っており、やった甲斐はあったようです。飛行甲板の眼環も当然塗られています。甲板色との明度差がありすぎるといやらしくなりそうですが流石に巧いところで収まっています。艦橋横の給油蛇管は、やはりエッチングでは無い針金のほうが良い感じです。張り線はこの細さで張ってこそエッチングのレーダーが生きるということでしょう。

しかしこの手のフネで楽しいのは各々の機材を並べていく過程でしょう。
飛行甲板に艦載機が続々と上がり、スーパーシースタリオン(デカい!)はメインローターの展開を始めています。所狭しと作業車が動き廻りウェルドックのハッチも開いて忙しない雰囲気が溢れ、機能全部載せ的なワスプ級LHDの特徴を表しています。
フィギュアなしでも「動き」が見えてくるのはこの艦種ならではですが、龍門様の配置の妙でもありましょう。
実は一番の見せ所はLCMではないのかと思います。本体と同じくらい気合が入っております(掲載写真では添え物程度に写っているだけなのがちょっと残念でした)。


いつもですと次回作の勝手な予測に入るのですが、記事冒頭で連載形式は小休止となる旨記述されており、毎号拝見できなくなるのかもと思うと心千々に乱れ妄想が涌き出てきません。
しかし、ふと気づくと30回目にもなるわけで、ここでペースダウンとなるのもやむなしということでしょう。長い間おつかれさまでしたということで、いつもの「拝見しました」では無く今回の題名となりました。

新キットが出れば紹介していただけるということですので、自分が作りたいというよりも龍門様の新作が見たいという理由で現用艦船のキット化を願うことになりそうです。
 

RE:捜索中です

 投稿者:龍門  投稿日:2016年11月 4日(金)01時56分22秒
   こんばんはあんけんさん。遅まきですが、この前は幹事を含めお疲れ様でした。

 「志賀」の保存の件は残念ですよね。今となってはたった1隻でいいから、キチンと残しておいてほしかったと思います。
 千葉県って、その手の話を生理的に嫌って圧力が掛かるような土地柄なのでしょうか?(苦笑)
 

RE:「駒橋」?

 投稿者:龍門  投稿日:2016年11月 4日(金)01時53分20秒
   こんばんは由良之助さん。

 潜水母艦「駒橋」はミリタリークラシックス誌で記事になったのですか? それは知りませんでした(最近この手の本や雑誌から全く遠ざかっているもので…)。

>地上で見ることのできる本物の御紋章は現存天守よりも少ないので貴重な物です

 なるほど、言われてみるとまさにそうですよね。現存している御紋章というのは、この「駒橋」のモノや浅瀬に着底した戦艦や重巡から取り外したモノしかないでしょうからね。非常にレアと言うか貴重でしょう。


>本気でここが伊勢湾防衛の拠点(しかも旗艦は駒橋)たりうると考えていたのかどうか・・・
>(ここを突破されれば伊勢・熱田両神宮=神器も危うくなり、国体護持どころではなくなるでしょう)。

 熊野地方には、九十九里浜のような長い距離にわたって直線の砂浜がありますから、当時の軍部はここに上陸すると踏んだのかもしれませんね。そうなると伊勢や名古屋は目と鼻の先ですので、おっしゃるように突破を恐れていたのかもしれません。
 

捜索中です

 投稿者:あんけん  投稿日:2016年10月31日(月)22時10分16秒
  こんばんは、あんけんです。
>>由良ノ助さん
例のキットですが、組めるところは組んでますが、エッチングをドラゴンのアリゾナ用木製甲板ともども探してるんですが、古いキットだからか見つかりませんね。一部でもはや希少と言われてる青島の軽巡は今でも揃って置いてるお店とか見つけましたが、追加パーツは出た時にみんな押さえちゃうんでしょうね。自分は三笠くらいしか御紋章を見た記憶がありません。

>>龍門さん
由良ノ助さんも触れられてますが、志賀の艦首、「どうしてこうなってしまうんだろう」と頭を抱え込みたくなる残り方で、喜んで良いものやら・・・という感じです。おそらく各地で問題になり始めてる保存艦船の法律面の理由でとりあえずお金をつぎ込むのが勿体無いからと解体したのでしょうが、跡地の利用計画も曖昧でずっと工事囲いだけが続いて、もしもっと海辺にあって移動も可能だったら、何か違う策もあったのかなぁと。
 

レンタル掲示板
/171