teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:ゆうき  投稿日:2016年12月 4日(日)20時50分59秒
  2.4kには1.5mA流れていますから電圧は3.6v次のTRのベースに掛かっていますそのエミッタは0.6V
電圧が低くなりますから300Ωは3vです各300Ωは3v掛かっています、この300Ωはエミッタフォロワーのように働いて回路の安定にひと役かってます。300Ωがないと回路が安定しないと思います。この抵抗値が妥当かどうかはわかりませんが。
 
 

re:窪田アンプ上下左右対称BTL

 投稿者:FitFat  投稿日:2016年12月 4日(日)13時16分32秒
  ゆうきだん、ちょっと質問させていただいていいですか? 300Ω は、なんの目的で入れてあるのででょうか? ここに抵抗があると、各エミッタの電位はベースに引っ張られますよね (Vcc、Vee からみると、エミッタフォロワーのように働く)。結果、アイドル時でも 300 Ω 両端の電位差は多大になり、大きな損失を出していると思うのですが。当然、トランジスタはその電流を流せる容量が必要ですし。… オーディオ回路ってそんなものだってことでしたら、私ももっといろいろ勉強しなきゃいけないんだと思うのですが。  

窪田アンプ上下左右対称BTL

 投稿者:ゆうき  投稿日:2016年12月 4日(日)11時40分39秒
  私も回路の厳密な流れは理解していません。でもバラックで組んでそれなりの結果が得られたので進んで行こうと思います。ダーリントンにしたのは出力TRにかなりの電流が流れる事、組立が楽で秋月で安く売っていたのできめました。電圧は低いですが出力30~40W出るのではないかと思います。
 

RE:窪田アンプ上下左右対称BTL

 投稿者:善本メール  投稿日:2016年12月 4日(日)10時53分50秒
  ゆうきさん、本格的な回路になってきましたね。良い結果を願っています。
私もヘッドホンアンプの出力段にダーリントンTrを使ったばかりなんですが、
ダーリントンTrは単一のTr以上に品種による性能(性格)の違いが大きいと感じました。
最初品種で良い結果が得らなかった場合、他の品種を色々試してみて下さい。

http://softone.a.la9.jp/

 

ゆうきさんの回路の

 投稿者:CHAEN  投稿日:2016年12月 3日(土)21時56分54秒
  等価回路を描いてみました。DC的にちょっとおかしいですが・・・・。(^^;
AC的には R4,R5 と R2 の分圧回路が負帰還回路になると思います。
え?、R2ぃ? って感じです。
しかし、DC安定が難しそうな・・・・。
 

窪田アンプ上下左右対称BTL

 投稿者:ゆうき  投稿日:2016年12月 3日(土)19時26分27秒
  善本様最終段はダーリントンTRでエミッタフォロワーを考えています。考えている。回路です。  

RE:窪田アンプ上下左右対称BTL

 投稿者:善本メール  投稿日:2016年12月 3日(土)18時04分50秒
  出力段がコレクタ接地(エミッタフォロワ)なら誤差は少なそうですが、
エミッタ接地なのが少し心配です。
負側の出力インピーダンスも正側をコピーして負帰還分下がるのでしょうか?

http://softone.a.la9.jp/

 

そもそも

 投稿者:かつ  投稿日:2016年12月 3日(土)15時44分16秒
  DCバランスが十分なら、BTL の ACバランスって問題になりますかね?
言ってみれば、普通のシングルエンドのアンプは BTL の片側が振幅ゼロと同じことなのでして。

歪みさえ十分に低ければ、厳密なバランスにこだわる必要は、それほど無いような気が。
 

RE:窪田アンプ上下左右対称BTL

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年12月 3日(土)13時49分51秒
編集済
  私のこのバランスアンプのフロントエンド部分は、片側のみの負帰還です。
http://www.op316.com/tubes/balanced/balphonoeq.htm

それから、このアンプはバランスさせた負帰還をかけていますが、負帰還定数をアンバランスな値にしても、片側だけにしても正負利得は変化しません。
http://www.op316.com/tubes/balanced/balprefet-v2.htm

その回路はちょっと微妙ですね。




 

窪田アンプ上下左右対称BTL

 投稿者:ゆうき  投稿日:2016年12月 3日(土)13時13分35秒
  確かに言われる通りです。素子にはばらつきがありますから、右と左は鏡のように反対の動作をしているだけです。厳密言うと動作時、数十mVずれは生じているかもしれません。右側は負帰還で補正されるかも知れませんが左は単に反対の動作をしているだけですから、これから回路を成長させていきたいと思います。実験では波形を確認しただけで歪みは未確認です。

 

Re:窪田アンプ上下左右対称BTL

 投稿者:善本メール  投稿日:2016年12月 3日(土)08時45分24秒
  奈良の鹿野のご意見と同じく、私も正負利得に差が生じるように思います。
出力段はエミッタ接地なので利得を持ちますが、負側出力段の交流利得が
負帰還の対象外になってしまいませんか?

http://softone.a.la9.jp/

 

Re:窪田アンプ上下左右対称BTL

 投稿者:奈良の鹿野  投稿日:2016年12月 3日(土)07時55分0秒
  差動動作は必ずしも完ぺきではないはずなので、正負でゲイン差がわずかあるのではないでしょうか?
差分を補正する方策を何か講じられているでしょうか?
 

窪田アンプ上下左右対称BTL

 投稿者:ゆうき  投稿日:2016年12月 2日(金)18時56分37秒
  善本様ありがとうございます。-OUTから15Kはバランスを安定させるための直流負帰還です。交流分は470uで吸収します。これで+OUTと-OUTを同電位に保ちます。  

RE:窪田アンプ上下左右対称BTL

 投稿者:善本メール  投稿日:2016年12月 2日(金)08時16分35秒
編集済
  ゆうきさんの独創的かつ先進的な回路構成に感心いたしております。
今回の回路は部品数が増大しやすいBTL構成を少ない部品数で作り上げておられるのが素晴らしいと感じました。
+OUTからの15KΩは負帰還と思います。
それに対して-OUTからの15KΩは470uのコンデンサを通じグランドに落ちてしまうので
負帰還にならないと思うのですが、如何でしょうか?

http://softone.a.la9.jp/

 

窪田アンプ上下左右対称BTL

 投稿者:ゆうき  投稿日:2016年12月 1日(木)19時51分37秒
  窪田アンプ上下左右対称BTL、問題は中点のバランスです、回路を設計しました、結構簡単な回路になりましたが、動作するかどうか分からないのでバラックで組んでみました。うまく働いているみたいです。波形はデジタルテスターで20Vあります。実効電圧ですから、ピーク28Vだと思います波形が尖っているのは発信器が原因です。更に進んで行こうと思います。結果はまた投稿します。  

追加:おや?

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年11月30日(水)23時13分21秒
  rossoさん、重要なご指摘ありがとうございます。
たった今、修正しました。
また、記事中に赤で注意書きを入れました。

 

追加:おや?

 投稿者:rossoメール  投稿日:2016年11月30日(水)22時21分28秒
  ごめんなさい。
電源部でした。
 

おや?

 投稿者:rossoメール  投稿日:2016年11月30日(水)22時07分30秒
   ぺるけさん、今晩は。

 Rchの4700μFの+足がGNDに落ちてないように....?

 19V版トランジスターアンプのパターン図です。
 

静観していましたが、目に余るので警告です

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年11月30日(水)00時36分54秒
編集済
  非常識な書き込みはご遠慮ください。

「掲示板への書き込みのエチケットと賢い質問のしかたです。エチケットを守らない方は・・・」以下をお読みください。

「掲示板利用のガイドライン」
http://www.op316.com/bbs/bbsrule.htm

この種の一方通行的でだらだらとした内容は、当掲示板ではなくご自身のブログ等で願います。







 

CSPP

 投稿者:ゆうき  投稿日:2016年11月24日(木)05時34分13秒
  CSPPならこのホームページが参考になると思います。http://www.ne.jp/asahi/evo/amp/CSPP/2SJ18.htm  

レンタル掲示板
/497