teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


トランジスタアンプ

 投稿者:かつ  投稿日:2016年 9月29日(木)16時22分15秒
  この板で、ついこの前の方は、Zobel を強く推薦したつもりでしたが、納得して頂けませんでしたな。

私もほぼ必ず付けますが、世の中には「発振寸前のアンプは音が良い」という俗説すらあるらしいのでw
まあ蓼食う虫というか、人の好みは様々ということで、無理は言えません。
 
 

三極管でも、

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 9月29日(木)10時54分59秒
編集済
  私の6B4GシングルはZobel NTWKをつけないと発振します。
FET差動ヘッドホンアンプは、負帰還抵抗の値を小さく設定して同等の効果を得ています。

トランジスタアンプは、負荷条件の組み合わせ如何でいつ発振するかわからないので、私は必ずつけます。


 

Zobel Network

 投稿者:マツオ  投稿日:2016年 9月29日(木)01時09分1秒
  ぺるけさん、かつさん

ありがとうございます。Zobel Networkっていうのですか。なかなかカッコイイ名前です。
とても具体的な解説でよくわかります。
フルレンジは使った事がないのですが、そういうのにも影響するんですね。正直フルレンジ一発の高域インピーダンスなんて
気にした事もありませんでした。勉強になります。

そういえばペルケドライブってのもありましたね。こちらもカッコイイ名前だと思います。
「Perche Drive」
横文字にすると、スピード感が増してきます。

どうもありがとうございました。
 

■業務連絡■

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 9月29日(木)00時03分13秒
  アルミ電解コンデンサ、470μF/10V×1個がデスクの上にころがっていました。
もしかすると部品頒布での入れ忘れかもしれません。
心当たりのある方、ご一報ください。

 

なんか、つい最近

 投稿者:かつ  投稿日:2016年 9月28日(水)23時49分10秒
  その話を延々としていたような記憶が・・・まあそのアドヴァイスは受け入れられなかったようでしたが。

Zobel Network と呼ばれるものの話ですな。
ベル研の Zobel さんは、その当時の最先端技術として、負荷によらず負帰還における安定性を確保する
意味で、Zobel Network と呼ばれる回路を提案しました。およそ100年近く前の事です。

私の経験では、直熱三極管のPPでも条件によっては必要でした。実際、Zobelさんはその時代ですしw

逆にトランジスタアンプなら不要かと言えばそうではなく、負荷条件を色々と変えてシミュレーション
してみると、たまたま発信しなくてもそれは偶然、という印象を受けました。
 

RE:OPT2次側のスパークキラーのようなもの

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 9月28日(水)22時33分34秒
編集済
  私のこのアンプについています。
このアンプは、これがないと無負荷で発振します。
http://www.op316.com/tubes/single/single9.htm

これにもついています。
http://www.op316.com/tubes/mw/mw-15v-p5.htm

しかし、これにはついていません。
http://www.op316.com/tubes/mw/mw-6n6p-2012v2.htm

2次側にスピーカーをつながない状態だと出力管からみたプレート負荷インピーダンスは非常に高くなりますね。
そうなると出力段の利得が高くなるためにアンプ全体の裸利得が高くなります。
負帰還をかけた場合、適正負荷があるならば安定していても、無負荷では負帰還量が多くなりすぎて不安定になり、場合によっては高い周波数で発振します。
この現象は3極管アンプよりも多極管アンプで顕著です。
また、半導体アンプでは省略されることは滅多にありません。

スピーカー負荷がついていてもフルレンジだと発振することがあります。
フルレンジスピーカーのインピーダンスは数kHz以上の高い周波数ではどんどん高くなってゆくため、実質無負荷と同じになってしまうからです。

出力トランスの2次側、スピーカーと並列にたとえば「0.1μF+12Ω」をつけておくと、低い周波数ではつけていないのと同じ、高い周波数では有効になってきて、10kHzでは160Ω、100kHzでは20Ω以下になってくるので利得の上昇を抑えてくれます。

これは二次側のどこかについていれば十分なので、つなぐスピーカーは4Ωでも8Ωでも関係ありません。

 

OPT2次側のスパークキラーのようなもの

 投稿者:マツオ  投稿日:2016年 9月28日(水)21時09分53秒
  こんにちは。マツオです。
たまに、OPTの2次側にスパークキラーのように、抵抗、コンデンサを直列に接続した回路を接続しているケースを見かけます。
ただ、そんなものを接続していないケースの方が圧倒的多数のようなのですが、こちらの回路の役割など、どなたか教えていただけるとうれしいです。

また、OPT2次側に4Ω、8Ω・・など複数のインピーダンスの端子があるとしてスピーカーを取っ替え引っ替え
つなぎかえて使用している場合、どれかの端子にだけ挿入しておけば良いのでしょうか。。
よろしくお願いします。
 

お願い

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 9月27日(火)21時36分11秒
編集済
  19V版のトランジスタ式ミニワッターはまだ試作段階で本製作はこれからなのですが製作がストップしています。
そのため記事も当分更新できそうにありません。

部品頒布の手配はそれからになります。
準備できるまでのんびりお待ちください。

 

液漏れですか?

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 9月21日(水)20時09分25秒
  うまい。

 

漏れ

 投稿者:マイカ  投稿日:2016年 9月21日(水)19時46分52秒
編集済
  >コンデンサが一個漏れてました。

液漏れですか?
 

間違い探し

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 9月21日(水)18時39分15秒
  コンデンサが一個漏れてました。



 

ツアラーPart5回路図

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 9月21日(水)11時52分2秒
編集済
  ようやくトランジスタ式ミニワッターPart5ツアラーの回路図をアップしました。
http://www.op316.com/tubes/tourer/tourer-p5.htm

いつものことながら、回路図中に私が気づかないでいるミスがあるかもしれません。
この機会に実装を変更することを考えていますので、ケース加工に関する製作記事は今後かなりの修正があるだろうと思います。

------------------------------------------------------------------------------

トランジスタ式ミニワッターPart5(19V)版は、試作機を手放してしまったために実機が手元にありません。
これから試行錯誤をしつつもう1台製作して、それをベースに記事を仕上げますのでまだ時間がかかります。
当然のことながら、部品頒布の段階ではありません。


 

Mi:Nutube

 投稿者:Sanchez  投稿日:2016年 9月21日(水)09時48分13秒
  これに5000円出すんだったらそこらへんのJFETでいいやと思ったのは私だけ?

「300Bに近似した特性が得られた」とのメーカーの弁をMJで見ましたがあれは何だったのか?
もっとも、蛍光管原理や真空にすらせず隙間に電子を飛ばすとかいうマイクロ電子管的デバイスには適材適所があるのだろうと期待はしておりますが。
 

J-XE

 投稿者:Sanchez  投稿日:2016年 9月21日(水)09時42分0秒
  確かにエクステリアもインテリアも良いデザインですね。それで走りも音も良いのか。うーw  

はい、J-XEです

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 9月21日(水)00時52分59秒
編集済
  画面右上に出ている"JAGUAR-XE"なる表示は突っ込んだUSBメモリの名前なので、じつは車名とは関係ありません。
私はカーオーディオは改造しない主義なので純正のままで音が良いことが条件になってます。
ミッド・ハイがきれいで前に出るだけでなく、サブウーファーの超低域側のレンジが広くて底を這うようなローが出るのにはかなり驚きました。

クルマはデザインが良くなきゃダメな人なのでそれ以外は二の次なんですが、それ以外も文句つけようがないくらい良く出来てます。
 

Re:Nutube

 投稿者:savaメール  投稿日:2016年 9月21日(水)00時34分14秒
  以前行ったイベントでチラシもらってまして、諸元みたところIp数十μA、Vp数十Vくらいで動作させるようです
カソードとバイポーラのベースを直結してダーリントン的に使えそうとか夢想してましたw
(球リントンという名前で真空管とバイポーラを使った回路が発表されていたと思います)
Ra(Rp)300kΩ、gm40μA/Vと既成回路に当てはまるような数値では無いのでなかなか手を出しにくいですが、
一般販売されてどんな作例が出てくるか楽しみではあります
 

ジャガー

 投稿者:Sanchez  投稿日:2016年 9月20日(火)23時09分51秒
  XEかな?かっこいいですね。空力やサスペンションもとてもセダンとは思えない。きっと音にも好影響を与えていることでしょう。  

古い話になりますが

 投稿者:かつ  投稿日:2016年 9月20日(火)22時50分5秒
編集済
  16~7年前に、蛍光表示管の原理は直熱三極管そのものなのだが、と拙HPに書いたのですが、その数年後に martal さんが、
どこぞの会に蛍光表示管を使った、マイナスゲインwのヘッドフォンアンプを持ち込んだ事がありますな。≫ Nutube

確か、この掲示板か、お隣の与太板あたりに内容を書かれたような記憶がw
 

コルグ真空管「Nutube」が23日発売

 投稿者:klmnji  投稿日:2016年 9月20日(火)20時27分4秒
  超省電力のコルグ真空管「Nutube」が5,000円で23日発売
アンプ/エフェクタ自作に

いよいよ一般販売。
秋月でも扱うんですね。
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1020632.html
 

カーステ浦島太郎

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 9月20日(火)15時21分26秒
編集済
  16年間乗り続けたROVER 75の純正オーディオは、HarmanKardonのシステムでなかなか良い音でした。
ソースは、車内組み込みの6CDオートチェンジャーとカセットテープとAM/FMのみでなかなか古風です。

16年ぶりにクルマを買い換えていまどきのカーステを見てみたら、大きく様変わりしていました。
ソースは、CD/DVD、iPod系(USB)、AACやMP3などのオーディオファイル(USB)、iPhone(bluetooth)、10CDオートチェンジャー(カーステ内蔵メモリに書き込み)、AM/FM/TV、AUX(アナログ)となんでもあり。
iPodもiPhoneも元はPC上のiTunesなので、元をまるごと入れてしまえとiTunesのデータを128GBのUSBメモリスティックにがばっとコピーしてUSB端子に挿して聞いてます。
但し、オーディオファイルからの再生はいろいろ工夫する必要があるようで、フォルダ階層を整理しておかないと探しにくい、トラックリストはファイル名がそのまま表示されるのでファイル名のつけ方に工夫がいる、ファイルの物理順に再生するので単純コピーだと曲順がおかしくなるなど。

HarmanKardonに代わってMERIDIANになりましたが、音はさらに良くなりました。
 

/491