teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


ご教示くださいませ。

 投稿者:山本  投稿日:2016年 6月30日(木)22時14分21秒
編集済
  6N6Pを使用したぺるけ式です。
使用部品やコンストラクションは「真空管アンプの素」を踏襲いたしております。
左右チャンネルの残留雑音に差異があり、両チャンネル揃えたいと思っておりますが原因が掴めません。
PTに近い方のチャンネルが0.09mV、遠いチャンネルが0.28mVです。雑音成分はオシロスコープで60Hzが観測されています。
当然ではありますが真空管の入れ替えや、測定機器の不備も確認済みです。
雑音が多いチャンネルだけ異なったワイヤリングをしたり、交流電路に近接している訳ではありません。
これは片チャンネルの電源供給を絶った状態で測定しても変わりませんし、
アースポイントを変更したり、初段のグリットを直接グランドへ落としても状況に変化は生じません。
お忙しいところ申し訳ありませんが、もしなにか考えられる事が御座いましたら宜しくご教示くださいませ。
 
 

3台のミニワッター

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 6月29日(水)14時32分41秒
編集済
  左の1台は、6350差動PPミニワッター。
昔作ったアンプのシャーシを流用したため、廃版のツマミやヒューズホルダーがついている。
LS3/5Aをオマケにつけてさるオペラ指揮者のもとに嫁ぐ。

中央と右の2台は、BTL用のバランス入力がついた6N6P差動PPミニワッター。
普通に使えばステレオのミニワッター、BTLにすると出力2倍のモノラルアンプ。
http://www.op316.com/tubes/balanced/bal-btl.htm
ボリュームではなく、0~-5dB~-10dB~-15dBのアッテネータ。
明日、某スタジオに搬入。
 

トランジスタのNF

 投稿者:フルデジタル  投稿日:2016年 6月28日(火)22時31分3秒
  ベース広がり抵抗と信号源インピーダンスを考慮してトランジスタのNFを出してみました。フィードバック抵抗は考慮してないトランジスタ単体のものです。トランジスタのフリッカーも考慮してありません。
上図に NFを示します。入力インピーダンスが一つではないので、NFでは慣れないと評価が難しいです。そこで、信号源ノイズを含めた入力換算ノイズに変換したものを中図に示します。動作点をどこに持っていくか、悩ましいですが、妥当な設定範囲は判ります。
ちなみに、トランジスタのHfeが大きいものを使用すると、もう少し電流を流すことができます(下図)。
 

ショット雑音

 投稿者:かつ  投稿日:2016年 6月27日(月)23時34分39秒
  コレクタに流れる電流を減らせば、コレクタのショット雑音は増える。逆に増やせば、ベースのショット雑音は増える。
従って、適正値が存在する・・・とその昔、習ったような記憶がw

NFは、信号源抵抗と電流をパラメータとした関数になるので、これも適正値があるのではないかと。
 

RE:Marantz7T型MCヘッドアンプ

 投稿者:フルデジタル  投稿日:2016年 6月27日(月)22時15分38秒
  電流についてですが、低ノイズ化を目指すと、初段はある程度流す必要があります。
Ieを増やすとショットノイズも増えますが(∝√Ie)、gmも増える(∝Ie)ので、トータルでS/Nが稼げます。
ただし、あまり流しすぎるとflip-flopさんの仰る通り、IbのショットノイズによりS/Nが悪化します。
10~40Ωの抵抗のカートリッジをカバーするとした場合、初段のIeはあまり大きく動かせないのではないかと思います。

2段目の電流は、回路の安定性確保のため大きくなってしまったもので、ノイズを考慮したものではありません。
回路の工夫により低減の余地はあります。(低減しないと、作る気になれません。)

入力のCについては、あまり小さくするとIbのショットノイズの影響(1/f^2)が出てしまうのですが、Trのノイズを測定した際には、この値でも低域のノイズ上昇は気になりませんでした。当初、ここにアルミ電解を使用したところ、漏れ電流の雑音成分と思われるノイズが気になりましたので、タンタルに変えました。

10Ωの抵抗(カートリッジ)が発生させるノイズ、0.4nV/√Hzを意識してしまうと、結構ハードルが高くなってしまいます。
 

RE:Rg=50Ω以下なら

 投稿者:善本メール  投稿日:2016年 6月27日(月)13時36分59秒
  低ノイズを目指すなら、低発熱・低消費電力という感覚がありました。
MCヘッドアンプでは種々のノイズ要素を検討しなくてはならないのですね。

実はMC用ステップアップトランスの製造費が年々高騰していて、限界に近くなっています。
ヘッドアンプ式に換えようかと幾つかヘッドアンプの構想をしていますが、
中々、妙案は出ません。

http://softone.a.la9.jp/

 

Rg=50Ω以下なら

 投稿者:flip-flop  投稿日:2016年 6月27日(月)09時35分6秒
  大丈夫でしょう。
信号源抵抗が100Ωを超えるとベース電流のショットノイズ成分が電圧ノイズを上回りますので、
この回路では初段の電流を流しすぎとなります。

問題はカップリングの100μFで、低域の1/fノイズが上昇します。470uFは欲しい。
 

RE:Marantz7T型MCヘッドアンプ

 投稿者:善本メール  投稿日:2016年 6月27日(月)08時32分55秒
  大量の電流を流されるのですね。
雑音的に不利ではないですか。

http://softone.a.la9.jp/

 

バランス入力BTL接続ミニワッター

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 6月26日(日)22時14分31秒
編集済
  要するに6N6P差動PPミニワッターが2台あるだけですが、
キャノンコネクタを1個だけつけて、L-ch入力を2pinに、R-ch入力を3pinにつないでいるので、
そこにバランス出力を持ったプリアンプにつなぐと、
BTL接続されたパワー2倍の2台のモノラルアンプになります。

解説記事はこちら。
http://www.op316.com/tubes/balanced/bal-btl.htm

記事にあるとおり、レコーディング・エンジニアの赤川新一氏のもとに嫁ぎ、ミキシング・モニターで使われます。
 

Marantz7T型MCヘッドアンプ

 投稿者:フルデジタル  投稿日:2016年 6月26日(日)21時08分49秒
  雑音評価によるrbb'が比較的低いTr(2SA1013, ≒5Ω)が見つかったので、ヘッドアンプの設計を試みました。
フィードバックでノイズを増やしては意味ないのですが、回路としてMarantz 7T型をほとんどそのまま採用すると、下図のようになってしまいました。電源部は省略してあります。
シミュレーションしかしていません。実際にはQ3は適当なものに置き換え、発熱もあるのでR6の値を調整する必要があります。
Q3のIcを考えると、ちょっと食指が動きません。少し回路を修正する必要がありそうです。
 

結果です

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 6月23日(木)12時48分16秒
編集済
  お名前のイニシャルを入れてありますので時刻とイニシャルで大体わかるでしょう。
読みに自信がない場合は?を入れてあります。
また何か面白いものが出ましたら、この掲示板にて案内します。

 

MCカートリッジ(DL103)用昇圧トランス・・・音響機材用TpAsタイプ1:10トランスの頒布続報

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 6月23日(木)11時54分28秒
編集済
  あみだくじを作っています。
数字はこちらでの受信時刻です。
はしごの線は私が入れるとよくないのでかみさんに頼みました。
「全員当たりますように」とわけのわからないことを言いながら入れてます。

 

ぺるけさま他

 投稿者:心配性マニア  投稿日:2016年 6月23日(木)05時39分36秒
  大変失礼致しました。
以後気をつけます。
 

MCカートリッジ(DL103)用昇圧トランス・・・音響機材用TpAsタイプ1:10トランスの頒布(締切りました)

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 6月23日(木)01時11分55秒
編集済
  ★★★ 希望者多数のため、本日(2016年6月23日)10:00をもって締め切り、抽選といたします ★★★


面白いトランスが手に入ったので頒布します。
http://www.op316.com/tubes/buhin/buhin.htm

記事はこちら。
http://www.op316.com/tubes/pre/mct.htm




 

TrミニワッターPart4.5

 投稿者:トーホ@横浜  投稿日:2016年 6月22日(水)14時56分2秒
  TrミニワッターPart4から5への変更を、
抵抗を定電流ユニット基盤へ差し替えることで実施してみました。

変更完了のご報告と、皆様の参考までに投稿させていただきます、
音の変化は老耳?には・・・・ これから楽しんでみます。

差し替え方式のポイントは
○ +V、エミッタ、-V の挿入位置が一列に並んでいる
○ 3穴×6行?の亀の子基盤が中空に収まる
○ コンデンサを倒して実装すれば高さもOK(多分)

部品頒布ありがとうございました。
 

心配性マニアさん

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 6月22日(水)09時41分28秒
編集済
  ここ数日、貴方の書き込みばかり異常に多いです。
掲示板は皆んなのもの。
一個人が占拠することのないよう御配慮願います。


 

一本とか千本とか

 投稿者:心配性マニア  投稿日:2016年 6月21日(火)21時28分9秒
編集済
  この間観た土屋アンナさんのステージでは、桜井哲夫氏が
「ふつう楽屋にいると共演者の発声練習が聞こえるけど、アンナちゃんは声を出さない練習しかしないんで不気味だ」といっていました。アンナさんは女優業(ファンがいるから仕方なくやっているとのこと)の時間の方が多いからでしょうか。

桜井哲夫氏のお弟子さん的な人は「摘まみ弾きを練習していた数週間、家族は俺の悲鳴でヒヤヒヤしてた」と言ってました。

アマチュアのアンプビルダーが一番気を付けなければならないのが「安全」ですかね。B電源はもとより100Vだって致死電圧ですから。845アンプなどは、オゾン臭がプンプンで部屋に置いておくだけで寿命が縮まります。

下のような、昔のパイロットランプが結構安全(アンプを裏返して点検している際も、電源ONが一目瞭然)かも...です。当方、電源ONにしたまま、B電源回路の配線をはんだ付けしようとして、火傷&感電のダブロンをしてしまったことがあります。

http://

 

というわけで、

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2016年 6月21日(火)17時11分46秒
  今週は、次の試作&実験に備えて、試作の残骸の部品はずし&仕分けでもしますかね。


 

どういう意味で

 投稿者:かつ  投稿日:2016年 6月21日(火)16時12分27秒
  一本とか千本とか仰っているのか、よく判りませんが・・・

メーカーの場合、製品出荷までに 3回ぐらいは試作しますね。音がどうしたとか言う話じゃなくて、細かい問題点
を潰す為に試作と試験を繰り返します。これは、試験結果で問題が出て、対策してブレッドボードでちょっと試験
する、というようなマイナーな試作を数えずに、という話です。

試験の内容はモノによって様々ですが、車載用なんか外部評価機関に出すと、一回が一千万くらいかかります。
欧州なんかは必要とされる項目の試験機が日本に無かったりするので、外部機関に頼らざるを得ないので。
 

一本の線

 投稿者:koji@odawara  投稿日:2016年 6月21日(火)15時39分32秒
  度々すみませんがまたお邪魔します。
「一本の線」で思い出しました。
どこかのTV番組で103歳対談というのがあり、共に103歳の日野原先生と女流書家(名前を失念しました)の対談でした。
その中で、女流書家は、自分の納得できる一本の線を求めて筆や書きの方工夫を延々と努力しているとの事でした。「私はもっといい線が引けるはずだ」103歳にしてこの気迫、この女流書家の気迫、情熱に圧倒され強烈な印象が残っています(それに比べて・・・・オマエは・・・)。
ぺるけさんの残骸を拝見すると相通ずるものがあるように感じたのですが・・。
 

/481