teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


『労働情報』に書かせて頂きました

 投稿者:大椿裕子  投稿日:2013年 5月 9日(木)16時12分19秒
返信・引用
  お返事ありがとうございます。
『労働情報』という雑誌にエッセイを書かせて頂きました。テーマは4月1日から施行された労働契約法についてですが、冒頭に徳島大学教職員組合の今回の勝利について触れています。良かったら、お読みください。
http://ozspring.blog40.fc2.com/blog-entry-157.html
http://bigcamelli.exblog.jp/17758317/
 
 

Re: 徳島大1000人“無期雇用”へを読みました

 投稿者:管理人  投稿日:2013年 4月 3日(水)09時54分50秒
返信・引用
  > No.15[元記事へ]

大椿様

書き込みありがとうございました。
EWAのHPの記録を拝見しました。

多くの大学は学生の就職支援を言う一方で、自分のところでは非正規雇用を増やすなど、まったく矛盾したことをやっています。
しかも、就職支援と言いながら「インターンシップ」とか「自分探し」とか、無意味もしくは企業の都合の良いことばかりで、労基法や労組法の基礎のキの字も教えない。
それが労働者の地位低下を招き、現在の日本を覆う不況の一因なのでしょう。
さらには、すぐ「クビだ!」と叫ぶ市長に快哉を上げる人々がいる一因なのかもしれません。

企業に都合の良い「人材」を作ることではなく、民主主義社会を担う賢明な市民を育成し、当たり前のことが通る当たり前の社会を作っていくことが、大学という教育機関の使命なのだと思います。
 

徳島大1000人“無期雇用”へを読みました

 投稿者:大椿裕子  投稿日:2013年 3月18日(月)15時50分5秒
返信・引用
  私は、2010年3月末、上限4年の有期雇用を理由に、兵庫県の関西学院大学を雇止め解雇になった当該です。(争議の詳細はこちら→http://www.ewaosaka.org/jp/index.html)1年間の職場闘争を含め、主に労働委員会闘争を中心に4年弱闘ってきました。しかし、再審査を求めた中労委の結果は全面棄却でした。

本日、赤旗に掲載された「徳島大1000人“無期雇用”へ」を読み感動しました。「有期雇用職員の1カ月のクーリング期間には業務に支障が起き、正規職員の過重労働につながる。雇い止めで人がかわるたびに指導業務が増えるなど正規職員の多くが不都合を感じている。今回の決定は、有期雇用職員はもとより、正規職員にとってもいいこと」この当然のことが、どれだけ伝わらないか、無視をされ続けるか、バカにされるか、私は身をもって体験しました。しかし、現場の労働者はわかっているのです。有期雇用はデメリットの方が多いことを。そこを見て見ぬフリをしているのは法人だけです。

また、「徳島大学は、経済規模でいえば徳島県で最大級の事業所で、国の機関でもある」という認識を持たれている点も重要です。大きな事業所が、有期雇用を促進し、大量の雇止め解雇をすれば、それが地域全体の労働環境にも影響をもたらすことをよく理解されています。大きな事業所が行う賃下げ、解雇、非正規拡大化は、必ず周辺に波及していくのです。橋下徹大阪市長がすぐに「クビだ」「免職だ」「辞めてもらいます」と叫ぶ大阪では、民間にも事業主の横暴が広がっているのが良い例です。

山口書記長の「労働者を切り捨てるようなことをしてはいけない。正しいことは率先してやるべきだ」の言葉は、労働組合として当たり前の姿勢です。けれども、私が雇止め解雇になった関西学院大学のように、非正規労働者を労働組合から排除する学内教職員労組は、今でも多いです。私はここに、有期雇用の問題が打開できない理由があると思っています。

徳島大学教職員組合が勝利した要因は、非正規労働者の問題は正規労働者である自分たちの問題であると捉えたこと、そして、正規と非正規が共に闘い抜いたこと、そこにあると思っています。

いつかぜひ、直接お話を聞かせていただきたいと考えております。

皆様の勝利を心から祝福させていただきます。
 

募金

 投稿者:組合員  投稿日:2010年11月 5日(金)02時11分31秒
返信・引用
  うちでは募金活動はしてないように思いますが。
うどんとかは売ってますけど。
 

はじめまして

 投稿者:管理してない人  投稿日:2010年10月29日(金)04時31分32秒
返信・引用
  募金に協力した者です。
あしなが募金の件なんですけれども、連合からキックバックがあったって本当なんですか?
ちゃんと寄付金は全額遺児のために使われているんでしょうか?
もし本当なら悲しいことです。
 

メルマガ17

 投稿者:管理人  投稿日:2010年 4月 3日(土)22時30分38秒
返信・引用
  携帯でもメルマガが読めるように、こちらにも投稿することにしました。


徳島大学教職員労働組合からのお知らせ(メルマガVol.17)

 みなさんこんにちは。徳島大学教職員労働組合です。


【有期雇用職員対象のアンケートの実施】
 2/10のメルマガVol.15でお知らせしたとおり、有期雇用職員を対象としたアンケートを企画しています。
 大学側より、来週の事務連にて周知をはかっていただけるようですので、それを待って、来週の後半から再来週の前半にかけて(3/26~3/31ごろ)、主にお昼休みに皆様の職場を訪問してアンケートを実施したいと思います。
 お忙しい時期とは思いますが、有期雇用職員の皆様、ご協力をお願いいたします。


 ☆アンケート項目はこちら↓
http://homepage3.nifty.com/tokushima-u-union/document/20100325.pdf


【有期雇用職員の新年度からの時給について】
 皆様ご存じのとおり、昨年末に人事院勧告の導入により給与引き下げが実施されました。有期雇用職員の皆様の時給単価については、年度内の変更は契約上難しいとのことで、4月からの契約更新に合わせての実施が見込まれていました。
 この点につき、組合としては時給単価引き下げに反対してきました。
 大学側としては、新しい契約については、昨年より7時間45分労働が導入されたことも加味して時給単価を計算した結果、

      現行   新年度
 1年目:898円 → 927円
 2年目:932円 → 962円
 3年目:993円 → 1025円

と改定することにした模様です。
 8時間パートの皆様は、7時間45分の勤務時間で従来通り8時間分と同等の賃金額となる計算です。
 6時間パートについては、労働時間短縮がないため、賃金額は純増となります。


【蔵本地区の駐車料金について】
 常三島地区の自動車通勤者の負担額が年間1000円、新蔵地区は無料となっているのに対し、蔵本地区では年間24,000円の負担額となっており、不公平感が大きい問題については、現在も交渉や情報収集を続けています。
 組合としては、通勤手当に駐車料金相当額を上乗せする案を提示しましたが、この場合は税務上の問題などもあるようです。
 何らかの形での駐車料金の補てんや、年間負担額の見直しなど、可能な方法の検討を続け、事業所間の不公平の是正を実現したいと考えています。
 皆様のアイデアがあればお知らせください。


☆現在の交渉状況などについてはこちら↓
http://tokushima-u-union.in.coocan.jp/data2009/20100315.pdf
(組合員限定・パスワード必要)

徳島大学教職員労働組合 一同
 

過半数代表者の部屋

 投稿者:管理人  投稿日:2009年11月28日(土)01時05分48秒
返信・引用
  というのも作ってみました。
http://homepage3.nifty.com/tokushima-u-union/kahansuu.html
こちらもご愛顧ください。
 

限定ページ

 投稿者:管理していない人  投稿日:2009年 8月19日(水)16時58分46秒
返信・引用
  やっつけ仕事だった限定HPに手を入れてみました。
http://tokushima-u-union.in.coocan.jp/
ですが、ユーザー名とパスワードの入力が必要です。

フレームを利用していますが、
http://tokushima-u-union.in.coocan.jp/mailinglist/
http://tokushima-u-union.in.coocan.jp/top/
とすることで、それぞれ見たいページへジャンプできるように工夫してあるのが、こっそり自慢です。

http://tokushima-u-union.in.coocan.jp/

 

組合員

 投稿者:管理人  投稿日:2009年 7月26日(日)22時24分22秒
返信・引用
  限定HPを作成中です。
まだ白紙です。
近日中にパスワードなどを組合員用のメーリングリストで回すと思います。
内部向けの情報を共有するようにしていきたいと思います。
 

もちろん、

 投稿者:「証拠」は  投稿日:2009年 7月 2日(木)21時51分38秒
返信・引用
  いろいろとあるのですが、やはり当事者の方が行動を起こそうとしないと、労基署もなかなか動かないということがあるようです。
今回団体交渉した件はご本人が訴えられたのでうまくいきましたが、やはり多くの方は「目立つようなことをしてにらまれたくない」「人事査定が低くなるのでは」「報復人事を受けるのでは」などという想念から、現状に耐えるほうがラク、と考えるようです。
黙っているといいようにされるだけだと思うのですが。
現在のところは、残業時間に上限を設定してそれを守るように指導する、ということをやめさせるところから改善しています。
次はタイムカードで、サービス残業を完全になくす方針です。なぜかかなりの抵抗を示していますが。
直接訴える勇気のないサイレントマジョリティの救済策としては、これしかないように思います。
 

レンタル掲示板
/2