teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


第4回こぶし忌

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 3月13日(月)20時30分39秒
  新潟日報に掲載されました。
第5回も「こぶし」もしくは「こぶし忌」を使った俳句を献句します。こぶし忌を季語にするために今から応募お待ちしています。

http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20170313312546.html

 
 

第23回矢沢宰生命の詩の集い

 投稿者:管理者  投稿日:2016年10月22日(土)21時58分15秒
  11月13日午後1時から4時まで。見附市文化ホールアルカディアで開催します。
オープニングで武蔵野市の合唱団が見えて女声合唱組曲「すじ雲」を歌ってもらいます。
今年の受賞者には現在案内中です。
当日は矢沢宰の新詩集を発刊記念で割引販売します。
 

現代詩手帖11月号

 投稿者:管理者  投稿日:2016年10月22日(土)21時47分16秒
  思潮社から発行されている現代詩手帖11月号に矢沢宰賞選者の八木忠栄さんと谷川俊太郎さんの対談が掲載されます。矢沢宰を語ってもらっています。こうご期待。  

詩ファンタジー10月号

 投稿者:管理者  投稿日:2016年10月 2日(日)19時52分34秒
  掲載されました。矢沢宰の詩を5編、選者の八木忠栄さんの「特別な時間」、やなせたかしと矢沢宰、矢沢宰のふるさとなどです。かまくら春秋社発行です。

また、新詩集も今月の発行を目標に最終校正です。原本となる詩のノートを忠実にすることにしましたので、これまでの詩と違う表現があるかもです。
表彰式では通常販売より割引して販売したいと考えています。これからチラシ作成し、関係者に当日のチラシとともにご案内したいと思います。
 

re:没後50年

 投稿者:管理者  投稿日:2016年 9月14日(水)21時23分44秒
  そうなんです。1966年3月11日で没後50年。5月7日で72歳、年男です。
今年10月はやなせたかしさんの没後3年、やなせさんが好きだった矢沢宰の特集が追悼を兼ねて詩とファンタジーで掲載される予定です。先日担当者をご案内しました。
また、新しい詩集が出版され11月13日の矢沢宰賞表彰式で販売開始する予定です。
今年の応募作品は例年以上に集まりました。今八木先生が選考中です。
入賞者には10月中旬に案内できるよう頑張ります。
また、表彰式には、平成8年に矢沢宰の詩で作曲公募した入賞作を歌ってくれた人がつくった合唱曲を武蔵野市の合唱団が役40名ほど来てくれてオープニングで歌ってくれることになりました。
ご期待ください。

 

没後50年

 投稿者:ふだちょう  投稿日:2016年 9月12日(月)11時47分44秒
  今年は矢沢宰没後50年なんですね。  

大沢在昌講演会

 投稿者:管理者  投稿日:2016年 5月21日(土)17時03分39秒
  5月28日午後2時から見附市文化ホールで標記講演会が図書館主催で開催されまさ。大沢在昌さんは初めは詩人を志そうとしていて、矢沢宰の詩に影響を受けた?と昨年のラジオ深夜便で語っておられます。当日は矢沢宰の詩を朗読してもらえるかなぁ。
入場整理券希望の方は図書館まで。
 

第22回矢沢宰生命の詩の集い

 投稿者:管理者  投稿日:2015年10月21日(水)13時03分6秒
  全国20都道府県から596編が集まり、このほど受賞者に通知しました。
表彰式を兼ねた生命の詩の集いを下記の通り行います。

と き 平成27年11月29日午後1時30分から午後4時30分
ところ 見附市文化ホールアルカディア
内 容 オープニング(ビデオ上映、矢沢宰の詩「まよい」日本語英語での朗読)
    主催者来賓あいさつ
    表彰式
    選者と受賞者との対話
※入場無料
お誘い合わせてご来場ください。
 

第22回矢沢宰賞募集

 投稿者:池山  投稿日:2015年 6月16日(火)20時38分19秒
  第22回矢沢宰賞の募集中です。締め切りは9月10日まで。
詳しくは「矢沢宰賞の募集と紹介」でご覧ください。

ところで5月から見附市図書館で八木選者を講師に詩のサークルが立ち上がりました。
青少年に負けないくらいの「生みの苦しみ」を味わっています。俳句や短歌と違う「詩の自由さ」がなかなか苦しいです。
表彰式にコラボできると楽しいのかもしれませんが、それどころでは・・・。
次回は7月26日開催です。
 

第2回こぶし忌

 投稿者:管理者  投稿日:2015年 2月 4日(水)13時02分19秒
  宰の命日に始めたこぶし忌の第2回目を3月11日(水)午後1時50分から墓前で行います。献花ののち会場を上北谷小学校に移して子供たちが選んだ詩の発表や一本のすじ雲などの合唱を聞きます。終了は3時30分を予定しています。降雪のため駐車場がありませんので乗り合わせの上、お出かけください。参加希望者は事務局まで連絡お願いします。  

レンタル掲示板
/22