teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


だんだん

 投稿者:養子の源三郎  投稿日:2008年10月 9日(木)20時33分20秒
  この10月から始まったNHKの朝の連続テレビ小説「だんだん」の
オープニングとエンディングに
一畑電鉄の2100系(元京王5000系)電車がサーッと走り抜けていくシーンが
一瞬ですが映っています。
彼の地ではバリバリの現役ですね。
塗装が変わっていても、足回りが変わっていても、ホント、嬉しいです。
 
 

懐かしいです

 投稿者:shinメール  投稿日:2008年10月 2日(木)21時28分48秒
  こんにちは、このページを見ていてすごく懐かしさが沸きました。
近年、京王ではアイボリー塗装などの5000系の面影を残す6000系や、5000系と同期の3000系が次々と淘汰されていっていますね。
昔ながらの車両が次々と淘汰されていくことは見ていられません。(もっとも、利用客にとっては都合の良い話ですが)
伊予鉄道に譲渡された5000系の方ももう20年も経つので何が起こっても不思議ではないですね。
願うなら、京王5000系のトップナンバーは保存して欲しいです。
東急の方でも、渋谷駅に展示されているデハ5001のカットボディーのことで問題になっているように、
京王の基礎を作ってきたこの5000系のトップナンバーは産業遺産と言っても過言ではないと思います。
平山にクハ5723が保存されている以上、京王電鉄ではそのようなことを実現するには難しいように見えますが、一部地方私鉄の車両のように「5000系保存会」のようなものを設立のも一つの手だと思います。
 

Re:戸袋の窓

 投稿者:源三郎  投稿日:2008年 8月31日(日)17時54分18秒
  5000系の戸袋の窓は、
確かにユニット窓と同じ高さに窓枠がありましたが、
もちろん内側から開けることはできない固定窓でしたので、
枠は確かにダミーです。

なお、久しく実車に触れていないのであいまいですが、
確か枠の扉側に、点検時に枠を開けるためのねじ蓋が付いていたはず。
また、ロール式のカーテンを上から下げてくる際に、
他のユニット窓よりも止め具の数が少なく、
またねじ蓋が支障して止めにくかった記憶があります。
※2000系とか国鉄101系と記憶がごっちゃになってるかも?
 どなたかフォローお願いします。
 

戸袋の窓

 投稿者:ガラス窓  投稿日:2008年 8月24日(日)00時43分37秒
  突然ですがご教示ください。
当時の5000系は、戸袋の窓にも中段に桟(ガラスの仕切枠?)があって、外からの写真で見ると可動の窓とデザインが揃えてあるようなのですが、まさか、開かないですよね?
(扉が開くとき、ギロチンと同じ状態で、手を出すと危険 w)

関東には居らず、気になっておりましたので、質問させていただきました。
 

Re: 伊予鉄譲渡車

 投稿者:特急デワメール  投稿日:2008年 8月19日(火)22時51分14秒
編集済
  ご無沙汰しております。
伊予鉄の現地調査に行ってきました。

鉄道ファン誌408号(京王5000&阪急2800特集 1995年4月)および
鉄道ピクトリアル誌678号(譲渡車両特集 1999年12月)では
・クハ5701(東急車輌1963年)→モハ710
・クハ5702(東急車輌1963年)→モハ720
・クハ5703(東急車輌1963年)→モハ724
・クハ5704(日本車輌1964年)→モハ725
 としている(ここではA説とします)のに対し、
ピクトリアル誌578・734号(京王特集 1993年7月・2003年7月)では
・クハ5701(東急車輌1963年)→モハ724
・クハ5702(東急車輌1963年)→モハ725
・クハ5703(東急車輌1963年)→モハ720
・クハ5704(日本車輌1964年)→モハ710
 となっている(以下、B説とする)ものです。

関係箇所等への問い合わせという方法もあったかとは思いますが、
さすがに気が引けましたので自ら足を運んでみました(^^;;

元5701・5702・5703・5704の4両のうち、現在でも区別がつくのは
元5704が日本車輌製・側扉客室側鴨居部の無塗装という点だけで、
元5701~5703をそれぞれ区別するのは不可能であり、710と725で
どちらが5704の特徴を残しているかで判別するしかありません。

モハ710には割と簡単に出会うことができまして、鴨居部の塗装と
製造銘板「東急車輌 昭和38年」を確認しました。
"A説"が正当である可能性が高まりましたが、増結用720型の走る
平日朝を狙い、念のため725を待ちました。

・・・ようやく出会えたモハ725は、ドア上が無塗装で製造銘板には
「日本車輌 昭和38年」とあり、元5704であると確信しました。
銘板の製造年が前年のものとなっているのは、1~2月期に納入された
車両に多く見られ、間違いでは無いでしょう。

710、720、724の旧車号をそれぞれ特定するのは不可能で、完璧とは
言えない調査結果ではありますが、"A説"が正当であると結論づけて
終了したいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
 

伊予鉄譲渡車両について

 投稿者:特急デワメール  投稿日:2008年 6月21日(土)21時39分50秒
編集済
  こんにちは。デワです。

伊予鉄へ譲渡された車両のうち、1991年譲渡組の旧車号が文献によって
異なっていて困っています(^^;;

http://keio5000.hp.infoseek.co.jp/joto/iyotetsu/iyotetsu.html

真実をご存知の方、ぜひ教えてください~
# 場合によっては現地調査も必要かな、と。
 

わたらせトロッコ

 投稿者:特急デワメール  投稿日:2008年 4月17日(木)19時36分24秒
  皆さんご存知の「わたらせトロッコ」、人気は高いものの存続の危機にあるようで・・・
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/gunma/080410/gnm0804100210001-n1.htm

何とか存続してくれることを願いたいと思います。
これから新緑の季節、わたらせ渓谷鉄道でのブラリ旅はいかがでしょうか。
上りのトロッコ列車は比較的空いていることが多く、狙い目ですよ♪
 

せめて

 投稿者:源三郎  投稿日:2008年 3月14日(金)23時00分11秒
  本音で言えば、京王9030系さんのおっしゃるとおりなんですけどね。
平山に保存してある3両も、できれば若葉台の片隅でもどこでもいいから
本線とつながっているレールの上に乗せて保存してほしいなぁ。
小さなこだわりなんですけどね、
現役車両と一緒にいるってだけでワクワクするのです。
イベントの日にだけ、ウニモグ(でしたっけ?)が
陽の当たるところに引っ張り出してくる、とかね。
夢です。
それと、忘れられていますが
北陸鉄道にある3000系の初代(京王初のローレル賞受賞!)も
いつか、東京に戻してほしいですね。
 

(無題)

 投稿者:Neko  投稿日:2008年 3月12日(水)22時02分56秒
  平山の研修センターで保存している以上、他所にやったものを買い戻すことはないですね。  

またまた考えた

 投稿者:京王9030系  投稿日:2008年 3月12日(水)14時12分17秒
  なら、5000系を買い戻し、6000系の廃車発生品の台車をはかせ、保存庫の中で、せーたいほぞんする。そして、イベントの時とかに、線路をつなぎ、保存庫からだして展示する。  

レンタル掲示板
/23