teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


雑言

 投稿者:たけ  投稿日:2015年 2月23日(月)17時35分34秒
返信・引用
  ご無沙汰しています。
近眼・老眼に緑内障で赤き酒場も読めなくなってしまいました。仕方がないのでスキャンしてパソコンで拡大して読むことにして、溜まっていた数カ月分を読みました。

藤浦さんのパソコン始末記は最近同様の経験をしてたので共感しました。

11月に旅に出る時、パソコンを再起動しておこうとしたら、再起動後キーボードもマウスも効かなくなってしまった。家を出る15分前だったので対処のしようがなくそのままにして、2週間後に帰って来て調べたけどわからない。メーカーの電話サポートでも直らず、修理に出しました。

ハードの故障と思っていたのですが、そうではなかった。システムの一部が壊れているということで、おそらくWindows8.1に追従していないソフトが壊したんじゃないかということでした。

で、私もバックアップをさぼっていたので、バックアップを取ってもらって、再インストールで直してもらい、パソコンが返って来たのが12月初句でした。

3年の保証期間中だったので、費用は有償バックアップの3万円(2テラの外付けHD込)でした。

8.1にはするまいとWindows8で使ってたのに、ある朝起きたら8.1になっていて、その後数日でまた同様に壊れた

さすがに今度はバックアップしてたので、自分で再インストールしたけど、やはり数日後に朝起きたら8.1になってた・・・。

まあ覚悟はしていてシステムやソフトのバージョンアップを丁寧にしていたせいか、その後は故障せずに今日に至ってます。

そんなわけでパソコンがちゃんと使えるようになったのが12月中ごろ。そこから年末年始は自治公(町内会)の総会やその準備、年度替わりの準備などで忙しかった。総会が終わって落ち着いてきたのが1月半ば、そこからようやく旅の後片付けを始めて、それが落ち着いたら2月になっていて、ほかの優先案件がだいたい片付いて、ようやく正月が来たと思えたのは旧正月でした。

とまあ、何を長々と言っているかというと、そんなわけで≪おっさん膝栗毛:南米編≫が書けてなかったという言い訳です。(^^;

(まあ無料のネットゲームに無駄に時間を使ってるのがいけないのですが・・・)

それでようやく今回1回目を送ります。実は10月に書いてた分で1日分だけすが、HPに載せたりの処理ができていなかったもので今日になりました。

加戸さんも書いていましたが、私も最近メールは使わなくなりました。週にいっぺんも見ないかも。ということで、「送ったよ」とここに書いておこうかなと思ったのです。

この駄文もメールに書いて、なんなら穴埋めおたよりにしてもらってもいいかなとも思ったのですが、旅日記を載せてもらうからこっちに書いとこうかなと。こっちからの転載もありだし。

・・2回目がいつになるか、いつ終わるのかはわかりませんが、よろしくお願いします。
http://space.geocities.jp/ri_ka_bu/page246.html

>ps:SF大会米魂登録しました。v
 
 

訃報:平井和正氏

 投稿者:暗黒卿  投稿日:2015年 1月18日(日)09時47分56秒
返信・引用
  平井和正氏がお亡くなりになったことをしりました。享年76。
ご冥福をお祈りいたします。
 

初詣

 投稿者:miburo  投稿日:2015年 1月 1日(木)19時21分52秒
返信・引用
  出雲へ来たら、雪で帰れません、今は広島です、明日は起きれないかも、その場合は、平八から(>_<)


 

台風が・・・

 投稿者:田舎のY田  投稿日:2014年10月20日(月)20時18分53秒
返信・引用
  旅行から何とか帰ってきました。(もう一週間になりますが)行くときは台風18号に追っかけられ、帰りは台風19号の直前に帰り着きました。家の被害が心配でしたが、雨風全然大したことなかったそうです(19号も)。19号の吹き返しの方が強かったです。  

戦国自衛隊

 投稿者:miburo  投稿日:2014年10月14日(火)19時20分1秒
返信・引用
  GIGAZINEのヘッドラインに
個人のぶろぐが…
http://kousyou.cc/archives/8839
 

御嶽山

 投稿者:田舎のY田  投稿日:2014年10月 2日(木)19時51分56秒
返信・引用
  御嶽山が先週の土曜日噴火しました。35年前の噴火の時は、噴火の度に地震がありましたが、今回は何もありませんでした。当地では、その日はお祭りのため気が付かず、午後にテレビを見て「本当!!」と驚いた次第です。当地は御嶽山から50kmほど離れていますが、御嶽山が小さく見え、噴煙が右(東)方向へ流れているのが見えます。現在47名の方々が亡くなられていますが、何とも不運としか言いようがありません。御嶽山は八合目の田ノ原まで車で行くことができ、割合気楽に行ける山だったことが被害が大きくなった原因でしょう。それにしても非難されるべきは、火山噴火予知連絡会の面々でしょう。噴火でも地震でも予知できないなら、委員を引き受けるべきではないと思うのですが。どうせ予知できなかったことの責任は取らないのでしょうね。  

「伊藤 徹」全仕事・不完全年譜

 投稿者:暗黒卿  投稿日:2014年 8月24日(日)21時02分6秒
返信・引用
  伊藤の徹ちゃんが亡くなって、はや一年が過ぎました。
なにか目新しい情報がないかと電脳の海を泳いでいたら
“資料性博覧会07”といったものが今年のGWに“まんだらけ”
主催で開催されたようです。
そのパンフレットに「伊藤 徹」全仕事・不完全年譜が24頁に渡り
掲載されたのを見つけました。
ほとんどが“水木しげる”関係なのですが、徹ちゃんの業績が
こうして評価されて私としてもうれしく思います。
願わくば半客会関係の「妖星伝辞典」や「妖星伝画集」も取り上げて
いただきたかったなと思います。
 

超お久しぶりです

 投稿者:ずず  投稿日:2014年 7月30日(水)21時19分10秒
返信・引用
   世話人さん、何十年ぶりでしょうか。図々しく書き込みさせてもらってます。
次第に老眼も進み文庫本での師匠の本は辛くなりだいぶ遠ざかっていましたが、
最近は電子書籍の普及で、ありがたいことに拡大しながら師匠の本が読めるようになり
少しずつ半村ワールドに浸っていたころが蘇りつつあります。

「日本SF展」きのう指定休が取れたので、衝動的に新幹線に飛び乗り富士の麓から
世田谷まで行って来ました。
コンパクトな会場ですが、展示物は自分の青春にオーバーラップすることしきり、
ずっとここにいたい気持ちでした。

 師匠のコーナーがなかったのは残念だったけれど、小松左京コーナーにあった
師匠の「日本沈没」の感想を書いた手紙が、私にとっては今回の展示の一番の収穫でした。

「日本沈没」に衝撃を受けた様子がリアルに伝わり、師匠の独特の「いじけ」が
小説家の「意地」に変ってゆくさまや、また小説の極意をお願いしてるのに、
「世の中の毒気」にあたり小松左京本人にじかに会った時にシャランとした顔を
していたらごめんなさい、などといった文章には一人声に出して笑ってしまいました。
(うろ覚えの内容なので間違っていたらすみません)

 あまりに師匠らしい手紙で、とても師匠を身近に感じられました。もう新作は
読めないと思っていましたが、こんなところでまさか師匠の「新作エッセイ?」が
読めたなんて、本当に幸せなサプライズでした。

 ぜひ半村ファンの皆さんも世田谷文学館に来られたら、じっくり読んでください。
この手紙はあとでゆっくり図録を買って味わおうと思っていたら、手紙の文章は
載っていませんでした。嗚呼、だったらもっともっとじっくり読めば良かった。
これから世田谷文学館へ行かれる方は、私のような過ちは絶対に避けてください。

 また書き込みさせてください。

 

金曜日の夕刻からですね

 投稿者:世話人  投稿日:2014年 7月20日(日)16時17分22秒
返信・引用
  共同通信社が配信した「日本SF展」の盛り上げ記事ですね。ほぼリアルで見てました。あちこちの新聞社のサイトにあるし紙になったのもあるかも。折しも昨日・今日は日本SF大会開催中でありますし。世田谷文学館での師匠関連のものがあれば、どなたかご報告をくださいまし。  

日本沈没

 投稿者:野田誠  投稿日:2014年 7月19日(土)20時04分20秒
返信・引用
  こんな記事が出てました。
「半村良さん、「日本沈没」に衝撃 作者宛の手紙発見」

http://www.47news.jp/news/2014/07/post_20140718160559.html

 

レンタル掲示板
/19