teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Aattacking Steph

 投稿者:ガンジ  投稿日:2018年 5月19日(土)11時14分56秒
返信・引用
  > それより、私としては心配なのはステフです。
> 完全にロケッツ・オフェンスのターゲットになっており、かなり疲れているのでショットが安定しないと思われます。

https://www.youtube.com/watch?v=QwLNwCKaXlc

ヒューストンが徹底的にステフを攻撃しているという、bballbreakdownのビデオ解説です。

スクリーンを仕掛けて、ハーデンかCP3がステフとマッチするようにして、そこからじっくり攻める。
ステフの体力が心配です。

カーさんはどうアジャストしてくれるか?
 
 

Re: いやしかし…

 投稿者:ガンジ  投稿日:2018年 5月19日(土)10時43分43秒
返信・引用
  > No.6654[元記事へ]

> JUNさんへのお返事です。
> ケヴォンルーニー要ります?
> 全っ然役に立ってなくないですか?
> 外じゃよく抜かれるわ、中じゃ当たり弱いわ…
> ハッスルプレーもないし…

> RUN_DNAさんへのお返事です。
> ルーニーは要ります。

二人ともお久しぶりです。
地元のファンの様なディベートでいいですね。

私は要る派です。
過去に書きましたが、カーさんは「ケヴォンは素晴らしい1on1ディフェンダー」だと認めていますし、だからこそジョーダンやジャベイルではなく彼を使っています。

JUNさんは物足りないようですが、そもそもバスケは点取りゲームで、ディフェンスの方が弱いものです。
しかも今の相手は、65勝チームで、得点力もORtgもうちに次いでリーグ2位。
スリーポインターはリーグ記録を塗り替えた強力なオフェンスのチームです。

では、ディフェンス力とは何かいな?
ディフェンシブ・リバウンド、ブロック、スチールなどは目に見えるので分かりやすいですが、それだけではないです。
ゴールに近づけさせない。不要なドリブルやパスをさせて時間を稼ぐ。
楽なシュートを撃たせないで、ブロックはできなくてもタフショットを撃たせる。
オフェンシブ・リバウンドを取られないために、ボックスアウトをする。
スチールできないまでも、ボールに手を出してデフレクションする。
オフボールでカットする選手を行きたい場所に行かせない。
ルーズボールを確保する。
自分より大きな選手や、小さくてスピードのある選手にスイッチしても上記のことを実行する。
などなど色々ありますし、まだまだあるでしょう。

ケヴォンはこれらをバランス良くこなせるので、カーさんが信頼しているのですね。

このロケッツ・シリーズでのうちのディフェンスの戦略は、
ハーデンを右に行かせる。
ドライブに対してヘルプはしすぎない。(キックアウトのケア)
ハーデンとCP3にパスをさせて、他の選手に攻めさせる。
もし彼らがパスをしなかったら、タフショットを撃たせる。
などですが、第1戦の以下のビデオでは、ケヴォンが確実にこなしているのが分かります。
https://www.youtube.com/watch?v=odUir_do9A8

それより、私としては心配なのはステフです。
完全にロケッツ・オフェンスのターゲットになっており、かなり疲れているのでショットが安定しないと思われます。
これについてもビデオがあったので、またあとで。
 

(無題)

 投稿者:RUN_DNA  投稿日:2018年 5月18日(金)23時13分13秒
返信・引用
  ルーニーは要ります。
 

いやしかし…

 投稿者:JUN  投稿日:2018年 5月18日(金)15時42分25秒
返信・引用
  ご無沙汰しております。
酷いやられっぷりでしたね~

個人的感想ですが、
エリック・ゴードン侮り難し!
ヤツにやられました。

そして第2戦を通して集中力が全然なかったですね。
ボール、またはボールマンから目を離しすぎ。

抜かれないディフェンス頑張るか、ヘルプ行った後のキックアウトにどう対処するかですね~。

あと、これは今シーズンずっと思っててプレイオフに爆発してる想いですが、
ケヴォンルーニー要ります?
全っ然役に立ってなくないですか?
外じゃよく抜かれるわ、中じゃ当たり弱いわ…
ハッスルプレーもないし…
ベル使った方がよっぽどいい気がします。

あとはオフェンス。
KDの1オン1に頼りすぎだし、
打たせてもらえなかったステフは第3戦どうする!

ベルかジャベイルを出してハッスルプレーを見せて欲しい!
頑張れ!
 

ボロボロじゃん・・・

 投稿者:ガンジ  投稿日:2018年 5月18日(金)13時59分36秒
返信・引用
  > あんな勝ち方をしたのに、次もまだアンダードッグby 1.5
> マフィアの思惑が気になります…

結果しか見てないけど、結局はダブズが強いとみんなで煽っといて裏を掻いたってことだな。
ホームで連勝して、向こうでもうひとつ負けて、ホームで決めるというシナリオか?

今のところ favor by 7
迷わすには十分な妥当な数字だな。
 

VS HOU, dog by 1.5

 投稿者:ガンジ  投稿日:2018年 5月17日(木)08時54分48秒
返信・引用
  over/under 225
ML +105 (HOU -125)

今から仕事で夕方まで缶詰です…
吉報をお待ちします。
 

ハーデン4Qtr.の法則

 投稿者:ガンジ  投稿日:2018年 5月17日(木)08時06分36秒
返信・引用 編集済
  ハーデンの4Qtr.のD.Rtgがやたらと悪くなることも判明。
このプレイオフでは、前半は100以下なのに、3Qが103.6、4Qは116.9と一気に悪化。
レギュラーシーズンでは平均して105くらいだったのに。
多分、ドリブルし過ぎて疲れちゃうんだね。

ちなみに第1戦では、ステフ・クレイ・KDのドリブルが549回で、ハーデン一人で550回でした。

後半はハーデンを狙おう!
 

ハーデン第2戦の法則

 投稿者:ガンジ  投稿日:2018年 5月17日(木)06時20分3秒
返信・引用
  第1戦では当たりまくったハーデンですが、ミネソタ戦でもユタ戦でも同様に、第1戦は当たりまくってました。
しかし、第2戦では外れまくると指摘した記事を読みました。
プレイオフのプレッシャーで疲れてしまうのか?
中一日だと外れる傾向も多いようです。
以下のスタッツを参照して下さい。
https://stats.nba.com/player/201935/

となると今日は外れまくる日か?
 

Is Kevon Ws’ X-factor on D?

 投稿者:ガンジ  投稿日:2018年 5月16日(水)16時27分51秒
返信・引用 編集済
  https://www.sfgate.com/warriors/article/Warriors-pleased-with-Kevon-Looney-s-defense-on-12916984.php

「ケヴォン・ルーニーがロケッツに対するディフェンスのXファクターとなるのか?」というSF Gateの記事です。

ケヴォンは昨日のゲームでコンテステッド・ショット(4フィート以内のタフショットに持ち込んだ)が19本。
両リームでも10本以上の選手は他にはいませんでした。
勿論、タフショットでも決まるときは決まりますが、落ちる確率が高くなるのは当然です。

カーさんは「ケヴォンは素晴らしい1on1ディフェンダーで、彼に対して得点する事はゴール周りでもぺリメーターでも簡単ではない」と全面的な信頼を寄せています。

ケヴォンは今シーズンの前半(プレイングタイムを与えられていない頃)は、練習に遅くまで居残り、クリス・デイィマルコが付きっ切りでオフボール・スクリーンに対するスイッチングのフットワークの練習を積んでいたとの事。

時は今だ!!!
 

Re: 1-0 !!!

 投稿者:ガンジ  投稿日:2018年 5月16日(水)14時23分35秒
返信・引用
  > ウォリアーズはKDが絶好調でミドルをスパスパ決めて
> KDのアイソは神懸かりでしたね。

書き忘れ。
スリーが回復したのが大きいです。
1番大事な時に戻るなんて、流石です。

カーさんは「ステフのベストはこれからだ」と言っているし、早く全員でベストを見せてください!
 

レンタル掲示板
/656