teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Oakland was too loud for the Rockets

 投稿者:ガンジ  投稿日:2018年 5月21日(月)17時45分38秒
返信・引用
  超笑えるコメントを発見!
「オークランドはロケッツにはうるさすぎた」

第2戦のロケッツの勝因はディフェンスでした。
しかし、オラクルはうるさすぎて、声でディフェンスのコミュニケーションが取れない。
うちのチームのディフェンスは完成しているので、声を掛けなくても動けるのが、にわかDとの違い。

つまり次もぶっちぎるか?
 
 

Re: (無題)

 投稿者:ガンジ  投稿日:2018年 5月21日(月)16時36分47秒
返信・引用
  > No.6663[元記事へ]

RUN_DNAさんへのお返事です。
> ルーニーのディフェンスとオフェリバ良かったですねえ

今日は約16分のプレイング・タイムで、コンテステッド・ショットが10本、ボックス・アウトが7回、オフェンシブ・リバウンドが2回
チームリーダーは、CS13本とBO10回は共にPT37分のドレイモンド。
ORebはドレイ、KD35分、ステフ34分とタイ。
いかに効果的かです。

> いいブロックも見せてました

特に1stQtr残り3分30秒、20-22の2点ビハインドで、ステフがジェラルドに抜かれ、ドレイがヘルプ、ムーティーにパスが行ってのイージーダンクをウィークサイドからのローテでブロック!!!
あれが引き金になって10-0runで30-22で1Q終了!
Play of the Dayですよ。

> 代わったベルもまずまずでした

リバウンド、スチール、デフレクションと、ディフェンスを頑張ってくれた。

> ステフのon fireもやっと来た感じ

ステフのシューティングは復活ですかね?
"This My F--king House"とオラクルが好きだと言ってましたが。

> あとはピック対策をどのように徹底するか

ロケッツは相変わらずステフを攻めてて、特に1Qの連続ポイントはすべてそこからでしたからね。

> 今日みたいにHOUがTOやレイアップミス連発ならいいんですけど、きっちり決められると怖いですね

でも今日はうちの動きが良くて、コンテステッド・ショットが多かったですよ。
レイアップでもタフショットに持ち込めれば、そうそう決まらないでしょう。

> イギーが右足を痛めたように見えたので心配ですが、そのあとは動けてたので一安心かな
>> 今日はイギィのプレイング・タイムを増やすか?

やはりイギィを長めに使いましたね。
ガベージタイムが無ければ30分越えでした。
怪我だけは怖いですが。

> どんなアジャストがされるのか?

今日驚いたのは、ウエストを使わず、ショーン&ニックを同時投入した超スモールラインナップでした。
センター抜きのロケッツには、これが有効でした!
 

(無題)

 投稿者:RUN_DNA  投稿日:2018年 5月21日(月)12時24分11秒
返信・引用
  ルーニーのディフェンスとオフェリバ良かったですねえ
いいブロックも見せてました
代わったベルもまずまずでした

ステフのon fireもやっと来た感じですし、あとはピック対策をどのように徹底するか
今日みたいにHOUがTOやレイアップミス連発ならいいんですけど、きっちり決められると怖いですね

イギーが右足を痛めたように見えたので心配ですが、そのあとは動けてたので一安心かな
 

The Record

 投稿者:ガンジ  投稿日:2018年 5月21日(月)11時42分17秒
返信・引用
  ダブズがプレイオフで41点差の勝利はチーム史上最高!

同様にロケッツのプレイオフの41点差の敗北はチーム史上最悪!

レギュラーシーズンで65勝以上のチームがプレイオフで41点差で負けたのも史上最低!!!

ゲームについてはまたゆっくりと。
 

VS HOU, favor by 8

 投稿者:ガンジ  投稿日:2018年 5月21日(月)08時37分25秒
返信・引用
  over/under 226
ML -400 (HOU +300)

スターターはハンプトン・ファイブで変わらず。
今日はイギィのプレイング・タイムを増やすか?
どんなアジャストがされるのか?
カバーしなくても良いから、勝ってください!
 

そっか~

 投稿者:JUN  投稿日:2018年 5月21日(月)03時19分14秒
返信・引用
  僕の目には役に立ってないように見えるんですけどね~
オフェンズもピック&ロールの肝心なところでいつもファンブルしてる気がするし…。

何とか勝ちきって「そんなこと言ってたなぁ~」となって欲しいものです。
 

Re: Aattacking Steph

 投稿者:ガンジ  投稿日:2018年 5月20日(日)00時30分42秒
返信・引用
  RUN_DNAさんへのお返事です。
> ステフは昨ファイナルで、キャブスが彼を狙おうとしたとき、ステフのマークマンがピックに行こうとする前に、クレイやイギーがステフとチェンジする形で防いでいたと思うのですが、HOU相手には使えないでしょうか

> > https://www.youtube.com/watch?v=QwLNwCKaXlc

このビデオの最後の方に、シンプルな案が提示されていました。
ステフをPJにマッチさせて、PJにハーデンにスクリーンを仕掛けさせるのです。
そこで、元々ハーデンにマッチしているKDとステフでハーデンをダブル。
PJを無視してボールハンドラーをさせるというのです。

PJがドライブしたら、イギィやドレイがヘルプ。
ドリブルミスやパスミスを誘えますね。
仕切り直したら24秒が狙えます。

ロン・アダムスにはもっと良い案があるか?



 

(無題)

 投稿者:RUN_DNA  投稿日:2018年 5月19日(土)19時12分15秒
返信・引用
  ルーニーの機動力とリーチは本当に役に立っています
また彼のオフェンスリバウンドやディフレクションのお陰で、流れが来たシーンを何度となく見ています
ハーデンやポールの1on1は誰がディフェンスしても止めるのは難しいですので、ルーニーは彼なりによくやっていると思いますよ。

ステフは昨ファイナルで、キャブスが彼を狙おうとしたとき、ステフのマークマンがピックに行こうとする前に、クレイやイギーがステフとチェンジする形で防いでいたと思うのですが、HOU相手には使えないでしょうか
といってもチーム構成も戦術も違うので難しいんでしょうね・・・
何とか対策を期待します
 

Aattacking Steph

 投稿者:ガンジ  投稿日:2018年 5月19日(土)11時14分56秒
返信・引用
  > それより、私としては心配なのはステフです。
> 完全にロケッツ・オフェンスのターゲットになっており、かなり疲れているのでショットが安定しないと思われます。

https://www.youtube.com/watch?v=QwLNwCKaXlc

ヒューストンが徹底的にステフを攻撃しているという、bballbreakdownのビデオ解説です。

スクリーンを仕掛けて、ハーデンかCP3がステフとマッチするようにして、そこからじっくり攻める。
ステフの体力が心配です。

カーさんはどうアジャストしてくれるか?
 

Re: いやしかし…

 投稿者:ガンジ  投稿日:2018年 5月19日(土)10時43分43秒
返信・引用
  > No.6654[元記事へ]

> JUNさんへのお返事です。
> ケヴォンルーニー要ります?
> 全っ然役に立ってなくないですか?
> 外じゃよく抜かれるわ、中じゃ当たり弱いわ…
> ハッスルプレーもないし…

> RUN_DNAさんへのお返事です。
> ルーニーは要ります。

二人ともお久しぶりです。
地元のファンの様なディベートでいいですね。

私は要る派です。
過去に書きましたが、カーさんは「ケヴォンは素晴らしい1on1ディフェンダー」だと認めていますし、だからこそジョーダンやジャベイルではなく彼を使っています。

JUNさんは物足りないようですが、そもそもバスケは点取りゲームで、ディフェンスの方が弱いものです。
しかも今の相手は、65勝チームで、得点力もORtgもうちに次いでリーグ2位。
スリーポインターはリーグ記録を塗り替えた強力なオフェンスのチームです。

では、ディフェンス力とは何かいな?
ディフェンシブ・リバウンド、ブロック、スチールなどは目に見えるので分かりやすいですが、それだけではないです。
ゴールに近づけさせない。不要なドリブルやパスをさせて時間を稼ぐ。
楽なシュートを撃たせないで、ブロックはできなくてもタフショットを撃たせる。
オフェンシブ・リバウンドを取られないために、ボックスアウトをする。
スチールできないまでも、ボールに手を出してデフレクションする。
オフボールでカットする選手を行きたい場所に行かせない。
ルーズボールを確保する。
自分より大きな選手や、小さくてスピードのある選手にスイッチしても上記のことを実行する。
などなど色々ありますし、まだまだあるでしょう。

ケヴォンはこれらをバランス良くこなせるので、カーさんが信頼しているのですね。

このロケッツ・シリーズでのうちのディフェンスの戦略は、
ハーデンを右に行かせる。
ドライブに対してヘルプはしすぎない。(キックアウトのケア)
ハーデンとCP3にパスをさせて、他の選手に攻めさせる。
もし彼らがパスをしなかったら、タフショットを撃たせる。
などですが、第1戦の以下のビデオでは、ケヴォンが確実にこなしているのが分かります。
https://www.youtube.com/watch?v=odUir_do9A8

それより、私としては心配なのはステフです。
完全にロケッツ・オフェンスのターゲットになっており、かなり疲れているのでショットが安定しないと思われます。
これについてもビデオがあったので、またあとで。
 

レンタル掲示板
/657